競馬ブログランキング参加しています!注目馬、好枠馬、本命馬公開中!
Twitterアカウントが新しくなりました!フォローお願いします。

記事の更新情報だけではなく、重賞以外のレースの気になる馬、血統、馬場傾向などもつぶやいていきます。

新しいアカウントはこちら

日経新春杯2020枠順と過去の結果、傾向から予想データと血統傾向、出走馬診断

スポンサーリンク

今年は京都新聞杯1着、前走菊花賞6着のレッドジェニアル、前走アルゼンチン共和国杯3着のアフリカンゴールド、アルゼンチン共和国杯2着の実績があるタイセイトレイルが上位人気になりそうですが、過去の結果、傾向から日経新春杯2020の予想ポイントをチェックしていきたいと思います。

スポンサーリンク

日経新春杯2020過去の結果、傾向から予想データと血統傾向

日経新春杯2020年1月19日(日) GⅡ 京都 芝 右 外2400m(A)


※日経新春杯2020の注目血統、枠順確定後の出走馬診断、最終予想は2ページ目以降に追記します!

スポンサーリンク

※傾向、血統的に好条件に該当していても、今回明らかに厳しそうな馬は除外したいと思います。

日経新春杯2020予想データ①4歳〜6歳馬

過去5年馬券はすべて4歳〜6歳馬で決まっています。過去10年でもすべてなので、馬券は基本的にはここから入りたいレースです。

4歳〜6歳馬

  • アフリカンゴールド セ5
  • エーティーラッセン 牡6
  • サトノガーネット 牝5
  • タイセイトレイル 牡5
  • チェスナットコート 牡6
  • プリンスオブペスカ 牡6
  • メロディーレーン 牝4
  • モズベッロ 牡4
  • レッドジェニアル 牡4
  • レッドレオン 牡5

4歳馬6頭、5歳馬3頭、6歳馬6頭。

日経新春杯2020予想データ②前走3位以内の上がりを使っている馬

過去5年15頭中8頭が前走3位以内の上がりを使っている馬でした。昨年は馬券内の3頭とも該当していたので、当日の馬場傾向次第では注意しておきたい傾向です。

前走3位以内の上がりを使っている馬

  • アフリカンゴールド(前走上がり3位)
  • サトノガーネット(前走上がり1位)
  • マスターコード(前走上がり3位)
  • メロディーレーン(前走上がり3位)
  • モズベッロ(前走上がり1位)

2017年は稍重、それ以外の年は良馬場。

日経新春杯2020予想データ③5番人気以内

過去5年15頭中11頭が5番人気以内の馬でした。近4年では12頭中11頭なので、極端な穴は狙わない方がいいかもしれません。

1番人気は3連勝中で2016年は2着。

日経新春杯2020予想データ④内枠有利

過去5年15頭中13頭が1桁馬番の馬でした。1着はすべてなので、基本的には内枠有利で予想したいレースです。

2桁馬番で馬券に絡んだ2頭は10番。

予想ポイント 競馬
スポンサーリンク
共同通信杯,京都記念指数上位4頭的中!
━━━━━━━━━━━━━━
20年AJCC  指数3→4→2位
20年東海S   指数4→1→3位
20年きさらぎ賞 指数5→3→1位
20年共同通信杯 指数2→4→3位
20年京都記念  指数4→1→2位
━━━━━━━━━━━━━━
フェブラリーS過去5年
19年指数1→5→3位
18年指数2→4→1位
17年指数4→1→2位
16年指数1→2→6位
15年指数5→1→2位
━━━━━━━━━━━━━━
過去相性OK、直近好調上位馬。
今週末は朗報!無料公開が熱い!
◎フェブラリーS全指数当日お昼前公開。
◎ダイヤモンド,京都牝馬,小倉大賞典指数1位馬 。
◎他週末36レース全指数無料公開。


━━━━━━━━━━━━━━
G1週は指数上位馬に頼る(無料)
去年スプリンターズ~有馬経由~先週共同通信、京都記念まで好調。指数データ上位4,5頭まで絞り込めるはずです。無料メール登録で週末無料で確認できます。※ダイヤモンド、小倉大賞典も指数1位過去は・・・今週末は馬券になる情報が相性よすぎです(無料公開)



shirsayuをフォローする
スポンサーリンク
おすすめ競馬本
1頭の種牡馬の凄いクセをつかむだけで1千万円稼ぐ

今回のテーマは「血統」と「前走経験」。
・競走馬が発揮できる能力はローテーションで変わる
・得意(苦手)なローテーションは血統によって決まる
・たった1頭の種牡馬のクセを知るだけでも十分に稼ぐことができる
◎種牡馬ごとのクセ、特徴を簡単にチェックできるので、該当馬を狙って馬券的中につながりました!

双馬式 誰も言わなかった馬券富豪の展開読み

競馬予想で、展開読み(展開予想)は欠かせない。ペースや番手(位置取り)を読むことによって、流れが向きそうな馬、展開に恵まれそうな馬が見えてくる。もちろん、その逆もまたしかり。厳しい戦いを強いられそうな馬も、同時に炙り出せる。
◎個人的にあまり意識していなかった部分なので予想の幅が広がる。
△ネット競馬新聞の競馬放送局のスマート出馬表を利用する必要がある
✕すこし読みにくい

気になる情報や競馬予想ブログ
タイトルとURLをコピーしました