スポンサーリンク

チャレンジカップ2014 予想ポイント考察

2014年12月11日

[icon image=”check3-r”]チャレンジカップ2014 予想ポイント考察

チャレンジカップ2014の予想ポイントをチェックしていきたいと思います。(この条件になった過去2年をチェックします。)

スポンサーリンク

[icon image=”point1-1-gr”]前走2桁着順は割引き

過去2年で前走2桁着順の馬は1頭もきていないので、少し割り引きたいです。

前走2桁着順の馬

  • アドマイヤタイシ
  • スマートレイアー

[icon image=”point1-2-gr”]3歳馬は割引き

過去2年で6頭出走して1頭もきていません。最高でも5着で、中でも人気になった馬もいたので割り引いた方がいいかもしれません。

3歳馬

  • アズマシャトル
  • ウインフルブルーム
  • エイシンヒカリ
  • トーセンスターダム

[icon image=”point1-3-gr”]斤量は54.0kgか55.0kgの馬

過去2年は斤量54.0kgか55.0kgの馬しか馬券になっていません。トップハンデ、軽ハンデの馬は割り引きたいです。

斤量は54.0kgか55.0kgの馬

  • アズマシャトル(54.0)
  • ウインフルブルーム(55.0)
  • シゲルササグリ(54.0)
  • スマートレイアー(55.0)
  • デウスウルト(54.0)
  • トーセンスターダム(55.0)
  • バッドボーイ(54.0)
  • フルーキー(55.0)

[icon image=”point1-4-gr”]牝馬に注意

過去2年でそれぞれ1頭ずつ出走してきて、2頭とも馬券に絡んでいます。

牝馬

  • スマートレイアー
  • マコトブルジャール

[icon image=”point1-5-gr”]主流の父サンデーサイレンス系の馬は割引き

阪神芝1800mはあまりまぎれがないコースなので、ディープインパクト産駒等が強いコースなのですが、このレースに限っては、人気で飛んでいます。

まだ2年のデータなので、今後はディープインパクト産駒同士で決まる可能性もあると思いますが、思い切って穴を狙うなら軽視してみても面白いかもしれません。

ディープインパクト産駒

  • エイシンヒカリ
  • スマートレイアー
  • トーセンスターダム

その他の主流の父サンデーサイレンス系の馬

  • アズマシャトル(ゼンノロブロイ産駒)
  • ウインフルブルーム(スペシャルウィーク産駒)
  • ダイワマッジョーレ(ダイワメジャー産駒)
  • バッドボーイ(マンハッタンカフェ産駒)

[icon image=”point1-6-gr”]注目血統

ノーザンダンサー系、ニジンスキー系、ミスタープロスペクター系、ロベルト系、キングマンボ系に注目。

[icon image=”check3-r”]チャレンジカップ2014 予想ポイント考察まとめ

過去2年のデータなので、基本的には傾向はあまり重視しないほうがいいかもしれません。ただ穴を狙うなら、傾向どおりに買ってみても面白いと思っています。

注目馬[icon image=”finger1-r”]
三連単・三連複(競馬) ブログランキングへ


★★━━━━━━━━━━━━━━━★★
2歳女王を決める
波乱の姫武者戦!

第66回 阪神ジュベナイルフィリーズ(G1)
★★━━━━━━━━━━━━━━━★★

一昨年は三連単300万馬券が飛び出た、
阪神ジュベナイルフィリーズ(G1)

例年、伏兵馬が勝ち馬となっている難解な一戦。

なんと今年も4年連続波乱確定!?の信号が灯っています!

各関係者も「一昨年のデジャブだ」
と口を揃えて言うほど順当には決まらないであろうレース。

今週は阪神競馬場で何かが起こりそうです!

何が起こってもおかしくない2歳牝馬の一戦。
このレースを勝つ馬には『ある共通点』があった!!

順当にはいかない!何かが起こる今年の阪神ジュベナイルフィリーズ(G1)!

今年、年末の2歳女王に輝くのは「●●●●●●●」!

そんな阪神ジュベナイルフィリーズ(G1)、
マル秘情報を期間限定無料公開中!

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

予想はメールアドレスのみで見れます

今回は大波乱必至の難解レース、
阪神ジュベナイルフィリーズ(G1)の予想で使える、
絶対に抑えておきたい馬券ポイントをお教えします!

■前走の「距離」がカギに!?

過去10年の3着以内馬30頭中16頭は、前走の距離が1600m以上でした。
前走が1600m以上だった馬は、1600m未満だった
馬に比べて好走率が高いデータがあります。
臨戦過程を比較する際は、前走で今回と同じか、
今回よりも長い距離のレースに出走していた馬に注目してください。

■阪神コースだが近年は「関東勢」が有力!?

過去6年の3着以内馬18頭の内訳は、
関東馬と関西馬がそれぞれ9頭ずつとなっています。
勝利数では関西馬が関東馬を上回っているものの、
連対率と3着成率では関東馬が優勢というデータがあります。
2007年以前は地元の関西馬が上位馬の大半を占めていましたが、
近年の傾向を重視するなら関東馬を軽視するのは危険です。

そんな波乱必至の阪神ジュベナイルフィリーズ(G1)ですが、
激走する馬には全て「ある特徴」があり、その信憑性は激高!?

そんなココでしか知る事の出来ない
阪神ジュベナイルフィリーズ(G1)「マル秘情報」を完全無料で公開中!

スポンサーリンク