スポンサーリンク

東海ステークス2016出走馬診断

2016年1月22日

東海テレビ杯東海ステークス2016 GⅡ ダ 左 1800m

東海ステークス2016の出走馬診断をしていきたいと思います。

スポンサーリンク

アスカノロマン

アグネスデジタル産駒の距離短縮、相手アップの流れはプラス。ただ重賞では壁のありそうな成績なので積極的には狙いにくいのですが、内枠を引ければ少し。

イッシンドウタイ

キングマンボ系の血を持っているのはプラスですが、間隔を詰まっているのはマイナスで格的にGⅡでは足りなそう。

インカンテーション

能力、実績的にも上位で、エーピーインディ系で血統的にも問題ないと思います。骨折休養明けなので少し不安ですが、シニスターミニスター産駒の休み明け、距離短縮、相手アップの流れと好走条件はそろっているので、走れる状態ならここも有力。

グランドシチー

2年連続このレース2着なので、血統、適性は問題ないと思います。たださすがに近走燃え尽きてしまったような成績なので、人気がなければ少し抑えるくらい。

サージェントバッジ


相手アップの流れはプラスで、コース適性は問題ないと思いますが、ステイゴールド産駒の連闘なので積極的には狙いにくい。


スターバリオン

ゴールドアリュール産駒で血統的にこの舞台は問題ないと思いますが、距離短縮、相手アップの流れはマイナスで、能力的に重賞では足りなそう。

ストロングサウザー

ダート1800mは得意の距離だと思いますが、重賞では足りない印象で、あまり強調点もないので少し狙いにくい。

ダブルスター

2014年4着でエーピーインディ系なので血統、適性は悪くないと思います。前走14着なので積極的には狙いにくいのですが、今年のメンバーなら3着くらいならあっても。

続きは次のページで!!

スポンサーリンク