スポンサーリンク

東京新聞杯最終予想2018、出走馬全頭の評価は? 

2018年2月5日

専属の情報検定士が提供! 必ず毎週出現する万馬券が低投資でがっつり狙える!!
現在無料で予想参考データを公開中!! ↑↑ここから登録できます!

東京新聞杯2018/2/4競馬予想

東京新聞杯2018出走馬全頭の最終評価、予想をしていきたいと思います。

スポンサーリンク

東京11R 東京新聞杯

◎2 デンコウアンジュ 4着

距離短縮で好走後なので疲労面は少し不安ですが、血統的に東京マイル替わりはプラスになりそう。今の馬場でこの人気なら狙ってみたい。

○1 アドマイヤリード 12着

ステイゴールド産駒牝馬で、休み明け、内枠、東京マイル替わりはプラス。脚質的にこの枠から外を回すと厳しくなるかもしれませんが、ロスなくレースできれば。

▲8 リスグラシュー 1着

ハーツクライ産駒で休み明け、距離短縮はプラスで枠順もまずまず悪くないと思います。ただ前走芝2200mからなのでもう少し前目でレースをしてもらいたい。

△15 ダイワキャグニー 3着

キングカメハメハ産駒で距離短縮、東京替わりはプラス。前に行ければ面白いかもしれませんが、外枠は割引きで格的に重賞では足りない可能性もあるので、この人気なら少し割引きたい。

△16 グレーターロンドン 9着

ディープインパクト産駒で血統、脚質的にこの枠は悪くないと思います。ただ人気馬が勝ちきれないレースなので馬券的には抑えに回したい。

△9 ハクサンルドルフ 6着

アドマイヤムーン産駒で距離短縮はプラス。血統、脚質的に積極的に狙いたい馬ではありませんが、状態はよさそうなので3着くらいなら。

☆4 ディバインコード 5着

血統的にこの枠、東京マイルがベストの印象ではありませんが、ダンシングブレーヴの血を持っているのはプラス。展開的に恵まれる可能性もあるのでこの人気なら抑えておきたい。

スポンサーリンク