スポンサーリンク

シルクロードステークス2016出走馬診断

2016年1月29日

シルクロードステークス2016 GⅢ 芝 右 1200m(B)

シルクロードステークス2016の出走馬診断をしていきたいと思います。

スポンサーリンク

アースソニック

近3走このコースすべて馬券に絡んでいるので適性的には問題なく、アイビスサマーダッシュ3着の実績があるので、傾向にも合うと思います。極端な内枠はあまりプラスではないので、揉まれなそうな枠なら。

アクティブミノル

スタチューオブリバティ産駒の距離短縮はプラス。距離短縮馬を積極的に狙いたいレースではありませんが、枠順もあまり問わないと思うので、人気次第では面白そう。

サトノルパン

前走は初の京都1200m、相手ダウンの流れ、内有利の馬場の内枠と好走条件が揃っていたと思います。今回は2戦続けて同じコースで鮮度的には落ちているので、枠順、人気次第では少し疑いたい。

セイコーライコウ

昨年3着なので適性は問題ないと思いますが、間隔があいているのはマイナスで、近走の成績を見ても枠順、展開が向かないと厳しくなりそう。

セカンドテーブル

トワイニング産駒なので、相手アップの流れは問題ないと思いますが、使い詰め、距離短縮で好走した後なので少し厳しそう。

ダンスディレクター

アルデバランⅡ産駒なので距離短縮はそこまでプラスではありませんが、平坦替わりはいいと思います。ハイペースで差しが届く展開になれば。

ニンジャ

グラスワンダー産駒の距離短縮はプラスで、使い詰めは問題ないと思います。ただ夏場の方が好走実績が多く、この舞台もベストの印象ではないので少し狙いにくい。

ネロ

スピード的には上位で、近走安定した結果ですが、2走前のこのコースはヨハネスブルグ産駒得意の重馬場で、良馬場の京都では取りこぼしていることが多いので、馬場が乾いて軽い馬場になってしまったら少し割引きたい。。

続きは次のページで!!

スポンサーリンク