競馬ブログランキング参加しています!注目馬、好枠馬、本命馬公開中!

シルクロードステークス2018予想、過去の結果から傾向と現時点の注目馬は?

スポンサーリンク
専属の情報検定士が提供! 必ず毎週出現する万馬券が低投資でがっつり狙える!!
現在無料で予想参考データを公開中!! ↑↑ここから登録できます!
スポンサーリンク

シルクロードステークス2018年1月28日(日) GⅢ 京都 芝 右1200m(B)

シルクロードステークス2018過去の結果、データから予想ポイントをチェックしていきたいと思います。
シルクロードステークス2017の結果は

着順 枠・馬番 馬名 人気
1着 5枠7番 ダンスディレクター 3番人気
2着 7枠11番 セイウンコウセイ 4番人気
3着 6枠9番 セカンドテーブル 7番人気

7番人気が1着でしたが、2着1番人気、3着3番人気でやや堅めの結果でした。
[ad]
※傾向、血統的に好条件に該当していても、今回明らかに厳しそうな馬は除外したいと思います。

斤量57.0kg以上の馬に注意

過去5年で15頭中5頭が斤量57.0kg以上の馬でした。5年中4年1頭以上馬券に絡んでいるのでこの舞台が合いそうな馬は抑えておいた方がいいかもしれません。

斤量57.0kg以上の馬

  • ニシケンモノノフ
  • ファインニードル
  • ラインミーティア
  • セイウンコウセイ
  • ロードクエスト

斤量54.0kg以下の馬は3着まで

過去5年で斤量54.0kg以下の馬は2頭馬券に絡んでいるのですが、3着が最高なので馬券の買い方には注意しておきたいレースです。

斤量54.0kg以下の馬

  • ナックビーナス
  • カラクレナイ
  • アットザシーサイド
  • ユキノアイオロス
  • アレスバローズ
  • グレイトチャーター
  • タマモブリリアン

連は5番人気以内、3着は7番人気以下

過去5年で連は5番人気以内、3着は7番人気以下なのでヒモ荒れに注意して馬券を組み立てたいレースです。

予想ポイント競馬
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ー中山記念&阪急杯の指数1位が気になるー



ー中山記念ー
14年1着ジャスタウェイ/3着ロゴタイプ
15年1着ヌーヴォレコルト/2着ロゴタイプ
16年1着ドゥラメンテ/3着リアルスティール
17年1着ネオリアリズム/3着ロゴタイプ
18年1着ウインブライト/2着アエロリット/3着マルターズアポジー

過去5年の上位馬をみると4コーナーを5番手以内で通過した馬が好走している。直線の短い中山コースなので先行馬有利のデータ。
【今年の先行馬】エポカドーロ
また↑でロゴタイプが3回馬券に来ている他、08,09年連覇のカンパニー、12年2着,13年3着のシルポート
【今年の該当馬】サクラアンプルール、ウインブライト
ー阪急杯ー
16年2着4人気オメガヴェンデッタ/武豊
16年3着5人気ブラヴィッシモ/川田
18年1着7人気ダイアナヘイロー/武豊
18年3着2人気レッドファルクス/川田

過去3年中2回この二人が一緒に馬券に絡んでいる。日本を代表する騎手だが二人とも同時に来ることは珍しく、人気も中穴なので配当妙味ありそうなデータ。
今週末のコラボ指数はどの馬を上位馬にしてくるのか?!中山記念は全指数データ無料公開!阪急杯の指数1位も無料で確認できます。
ーーーーーーーーーーーーー
各会場1~6R→→土日全会場36R全指数無料公開
中山記念→→当日北条ブログにて全指数公開。
阪急杯→→指数1位無料公開。
ーーーーーーーーーーーーー
中山記念&阪急杯の指数1位を見る(無料)
メルマガ登録のみで無料確認可能!確認メールきたらクリックしてログイン!





takeをフォローする
スポンサーリンク
おすすめ競馬本ランキング
ウマゲノム版 種牡馬辞典 2018-2019

今井雅宏の最新刊!血統の勉強+馬券に役立つ唯一無二の種牡馬辞典

◎血統に興味のある方にオススメ
◎種牡馬ごとの芝、ダートのの狙い所がわかる
△オリジナルの用語、理論があるので、それを理解しないとすべては使いこなせない

金満血統王国年鑑 for 2019

「金満血統王国」単行本・2019年向け最新版年鑑

◎重賞の傾向、狙い所が簡単にチェックできる
◯開催時期、条件で狙いたい血統がわかる
△種牡馬情報はあまり多くない
☓すべての重賞が掲載されているわけではないので、毎週は使えない

競馬研究所3 プロが勝負する厳選ダートコースガイド

血統ビームの亀谷敬正、ローテーションの錬金術師”双馬毅、トラックバイアス分析のプロ”馬場虎太郎それぞれのスペシャリストが実際に儲けているコースの仕組みをわかりやすく解説

◎ダートコースに特化した本なので、メインレース以外の馬券を買う方にオススメ
◯コースごとの狙い所がわかるので、該当する馬を狙い続ければ高配当のチャンスも
△情報が少ないコースもある
☓メインレースしかやらない方

気になる情報や競馬予想ブログ