スポンサーリンク

日経新春杯2015 出走馬診断

[icon image=”check3-r”]日経新春杯2015 出走馬診断

日経新春杯2015の出走馬診断をしていきたいと思います。

スポンサーリンク

アクションスター

血統的に距離延長は問題ないのですが、このレースの傾向としてはマイナス。9月から使われ続けているのも割引きでここでは狙いにくい。


アドマイヤデウス

京都芝では1度も馬券外がないので、この舞台も問題ないと思います。さすがにダービーからの休み明けなので、軸にするのは厳しい気がするのですが、それで人気が落ちるようなら、馬券に入れておいても面白そう。


アドマイヤフライト

昨年の2着馬なので適性的には問題ないと思います。近走の成績からは狙いにくいのですが、この時期が得意な馬でここまで人気が落ちるようなら、馬券に入れておいても面白そう。


ヴィクトリースター

このコースで結果を出しているので、適性は問題ないと思いますが、すでに7歳馬でOP以上では馬券内に入ったことがないので、この舞台では厳しそう。


コウエイオトメ

京都外回りコースはベストの舞台だと思います。昨年から斤量も1.0kg減ることもプラスですが、すでに7歳で重賞では足りないところを見ると抑え位までの評価。


コスモロビン

近2走はベストの舞台だったと思うので、それでこの成績では今回は狙いにくい。


サトノノブレス

能力的、実績的にはこのメンバーでは上位で、昨年の1着馬なので適性的にも問題なく有力な1頭だと思います。成績を見ても相手ダウン時に着順を上げているので、今回も前走GⅠからの流れもよさそうです。

ただ8月から使い続けられているのはマイナスで、1番人気なら抑えに回した方が妙味はありそう。


ゼンノルジェロ

前走上がり上位で勝っているのは評価できますが、すでに7歳馬でやっと1600万クラスを勝ったばかりの馬では厳しい。


ダコール

小回りコースならまだ重賞でも馬券に入るチャンスはあると思いますが、今回京都外回りコースに替わることはマイナスだと思います。

成績を見ても相手アップで着順を下げて、相手ダウン時に着順を上げているので、流れ的にもよくない。


タマモベストプレイ

京都コースでは大きく崩れていないので、この舞台も悪くはなさそうです。ただ2400mでも結果を出していますが、フジキセキ産駒なので、もっと短い距離がベストだと思います。

状態はよさそうですが、人気で積極的に買いたい馬ではないです。


トウシンモンステラ

傾向に合う点も多く、舞台適性も悪くない1頭だと思います。ただ1600万クラスを勝ちあがったばかりの馬が、現時点の予想オッズで2番人気はさすがに人気しすぎで、これで外目の枠に入ったら割引きたい。


ハギノハイブリッド

京都新聞杯を勝っているので、適性的には問題なさそう。ただ休み明け初戦よりはもう少し使ってからの方がよくなりそうで、上位人気で軸にしたいタイプではないです。


ビービートレイター

チーフベアハート産駒なので、距離延長、相手アップの流れは悪くないと思います。もう少しタフな舞台の方がよさそうですが、ダート血統もきているレースなので、大穴としてなら面白そう。


フーラブライド

昨年3着なので適性的には問題ないと思います。今年は斤量が3.0kg増えるので、厳しい印象もあるのですが、基本的に能力は上位で、ここまで人気が落ちるようなら、狙ってみても面白いと思います。


ホーカーテンペスト

血統的には坂のあるコースの方がいいと思いますが、距離は問題ないと思います。頭、軸では買いにくいですが、前走で上位の上がりを使えているので、今年の上位人気に不安のあるメンバーなら馬券内に入るチャンスはありそう。


ムーリットレイク

成績を見ても内回り向きで、今回の舞台に替わることはマイナスだと思います。C・デムーロ騎手に乗り替わることはプラスですが、それ以外に傾向に合う点は少ないので、ちょっとここまでは狙いにくい。


メイショウカンパク

血統的にグラスワンダー産駒でダート⇒芝替わりはプラスで、京都大賞典で1着の実績があるので適性的にも問題ないと思います。ただそれも2年以上前のもので、それ以降、掲示板内もないのでここでは厳しそう。


メイショウサミット

斤量50.kgでも9歳馬で能力も足りないので、ここは厳しい。


[icon image=”check3-r”]日経新春杯2015 出走馬診断まとめ

近年はそこまで大荒れはしていないレースですが、穴馬にも面白そうな馬がいるので今年は荒れる要素もありそうです。

注目馬[icon image=”finger1-r”]
三連単・三連複(競馬) ブログランキングへ

スポンサーリンク