スポンサーリンク

根岸ステークス 2015 予想ポイント考察

2015年1月29日

[icon image=”check3-r”]根岸ステークス 2015 予想ポイント考察

根岸ステークス2015の予想ポイントをチェックしていきたいと思います。(登録馬が多いので、とりあえず賞金上位20頭位をチェックします。)

スポンサーリンク

[icon image=”point1-1-gr”]前走5着以内

過去5年で15頭中14頭が前走5着以内の馬です。ダート重賞は基本的には近走好調な馬から狙っていくのがいいと思います。

前走5着以内の馬

  • キョウワダッフィー
  • サトノタイガー
  • エアハリファ
  • ポアゾンブラック
  • キョウエイアシュラ
  • キクノストーム
  • ジョーメテオ
  • レーザーバレット

[icon image=”point1-2-gr”]前走ダート1200m、1400mで3着以内かつ上がり2位以内の馬はプラス

過去5年で前走ダート1200m、1400m組は15頭中12頭馬券に来ているのですが、12頭中7頭がこの条件に当てはまる馬でした。東京の直線が長いコースなので、ある程度速い脚が使えることも重要だと思います。

前走ダート1200m、1400mで3着以内かつ上がり2位以内の馬

  • サトノタイガー
  • キクノストーム

[icon image=”point1-3-gr”]OPクラス以上のダート1400mで1着の実績がある馬

ダート1400mは距離実績が重要なので、非根幹距離の1400mの実績がある馬の方がいいと思います。逆に人気で1400m実績がない馬がいたら少し疑った方がいいかもしれません。

OPクラス以上のダート1400mで1着の実績がある馬

  • シルクフォーチュン
  • アドマイヤロイヤル
  • マルカフリート
  • ゴールスキー
  • ワイドバッハ
  • キョウワダッフィー
  • エアハリファ
  • ポアゾンブラック
  • キクノストーム
  • サトノプリンシバル

[icon image=”point1-4-gr”]注目血統

ノーザンダンサー系、ミスタープロスペクター系、エーピーインディ系、ヴァイスリージェント系に注目。

種牡馬は芝、ダートを両方走れるタイプか、短距離タイプの父サンデーサイレンス系が過去5年で9頭、近2年は馬券内すべてがこの血統の馬です。

芝、ダート兼用、短距離よりの父サンデーサイレンス系の馬

  • シルクフォーチュン
  • ゴールスキー
  • ジョーメテオ

[icon image=”check3-r”]根岸ステークス 2015 予想ポイント考察まとめ

過去10年で1番人気の馬が未勝利、過去5年を見ても2回しか馬券に絡んでいないので、基本的には穴狙いでいいと思っています。

注目馬[icon image=”finger1-r”]

三連単・三連複(競馬) ブログランキングへ

スポンサーリンク