スポンサーリンク

根岸ステークス 2015 出走馬診断

2015年1月29日

[icon image=”check3-r”]根岸ステークス 2015 出走馬診断

根岸ステークス2015の出走馬診断をしていきたいと思います。

スポンサーリンク

グレープブランデー

GⅠ勝ち馬なので実績的には上位で、休み明け、距離短縮、相手ダウンの流れはプラスだと思います。

ただダート1400m実績がなく、東京ダ1600mの方がいい印象なので、どちらかというと、ここで負けて、人気が落ちたフェブラリーSで狙ってみたい馬です。


シルクフォーチュン

出走した2回とも1着、3着とすべて馬券内になっているので、適性は問題ないと思います。除外をはさんでいますが、スワンSの芝からダート替わりもプラスで能力的にも今年のメンバーなら差もないと思うので、この人気なら面白そう。


ロゴタイプ

力はある馬ですが、ローエングリン産駒のダートの成績を見ても、この舞台はプラスではないと思います。距離短縮はプラスで、脚抜きがよい馬場になれば少しはチャンスはあるかもしれませんが、基本的には買いたい馬ではないです。


アドマイヤロイヤル

間隔をあけての距離短縮もプラスで、この舞台の実績もあるので、適性は問題ないと思います。

昨年も距離短縮、内枠というプラスの条件で5着なので、人気では積極的には買いたくないのですが、今年も同じローテーションなので、内枠を引けてこの人気なら抑えておいてもいいかもしれません。


マルカフリート

ダート1400m実績がある馬ですが、すでに9歳で、重賞では少し足りない。


ゴールスキー

昨年の勝ち馬で、この馬にとって東京ダート1400m位がベストの条件だと思います。昨年よりローテーション的に1戦多く、斤量が1.0kg増えることはプラスではありませんが、近走の成績から人気が落ちるようなら抑えておきたい1頭です。


ワイドバッハ

OPのこの舞台でも実績があるので、適性は問題ないと思います。ただ距離短縮、相手ダウンの流れはそれほどプラスではなく、血統傾向的にはサンデーサイレンスの血を持つ馬が来ているレースなので、人気なら少し割り引きたい。

枠順は極端な枠の方がよさそう。


キョウワダッフィー

ダート1400mはまだ1度も掲示板を外したことがない馬なので、この舞台も問題ないと思います。相手アップの流れもプラスで、馬券からは外せませんが、少し間隔が詰まっている点は気になるので、人気なら抑えに回したい。


サトノプリンシバル

血統的にエーピーインディ系で、この舞台は合うと思います。ただ連対しているときは距離短縮時の方が多いので、距離延長は割引きかも。


サトノタイガー

中央のダート1400mの実績はありませんが、比較的に傾向に合う1頭だと思います。昨年から使われ続けているので積極的には狙えませんが、ここまで人気がなければ少し抑えておいても面白そう。


エアハリファ

OPのダート1400m実績、距離短縮実績もあるので、この舞台も問題ないと思います。脚質的にも幅があり、安定して力は出せそうなので馬券からは外せなそうです。

ただベストは左回りのマイルの印象で、血統的にもサンデーの血が入っていない血統なので、妙味的には抑えに回したい。


ポアゾンブラック

OPダート1400mの実績はあるので、この舞台も問題なさそうです。休み明けはマイナスですが、マイネルラヴ産駒の距離短縮はプラスなので、内枠を引ければ少し抑えてみても面白そう。


ジョーメテオ

すでに9歳馬ですが、ダート1400mのこの舞台は合うと思います。昨年も0.3秒差の6着で、血統傾向的にも合う馬なので、穴としては面白そう。


キョウエイアシュラ

スウェプトオーヴァーボード産駒の休み明け、距離短縮はプラスですが、能力的に重賞では厳しい。


キクノストーム

OPダート1400m実績もあるのでこの舞台も問題ないと思います。スタチューオブリバティ産駒の使い詰めも問題なく、相手アップの流れもプラスなので、混戦のこのメンバーなら穴として面白そう。


レーザーバレット

この舞台も問題ないと思いますが、成績を見ると東京ダート1600mの方がいい印象です。ブライアンズタイム産駒の相手アップの流れはプラスですが、距離延長はマイナスで、近走の成績がいいので穴人気するようなら、割り引きたい。


[icon image=”check3-r”]根岸ステークス 2015 出走馬診断まとめ

高齢馬も多く、そこまで抜けた馬もいないと思うので、荒れる要素はありそうです。

注目馬[icon image=”finger1-r”]
三連単・三連複(競馬) ブログランキングへ

スポンサーリンク