スポンサーリンク

根岸ステークス(根岸S)2017予想、出走馬全頭の最終評価は? 

根岸ステークス(根岸S)2017/1/29競馬予想

根岸ステークス(根岸S)2017出走馬全頭の最終評価、予想をしていきたいと思います。

スポンサーリンク

東京11R 根岸ステークス

◎14 キングズガード 4着

シニスターミニスター産駒、母父キングヘイローで距離短縮はプラス。脚質的にもスムーズにレースできそうな枠に入ったので、この人気なら狙ってみたい。

○3 カフジテイク 1着

距離短縮の流れはそこまでいい印象ではありませんが、1400m自体になるのはプラス。脚質的に取りこぼしはあるかもしれませんが、この舞台なら大崩れはなさそう。

▲5 ベストウォーリア 2着

能力、実績的には上位で、休み明けもプラス。多少能力は落ちているかもしれませんが、このメンバーならあまり評価は下げにくい。

△16 ノボバカラ 16着

1400m実績があり、アドマイヤオーラ産駒なので外枠もプラス。少し間隔が詰まっているのは気になりますが、前走負けて疲労が抜けていれば。

△4 ニシケンモノノフ 5着

東京はベストの印象ではありませんが、1400mでは安定して走っているので、この人気なら抑えておきたい。

△15 ベストマッチョ 12着

コース適性も問題なく、休み明け、外枠もプラスになりそうなので勢いが落ちるまでは馬券に入れておきたい1頭です。ただ唯一負けたブラゾンドゥリスは重賞で2桁着順だったように、実績の割に人気になりすぎているので、抑えに回したい。

△11 タールタン 14着

昨年の2着馬で適性的には問題なく、追い切りも悪くなかったと思います。この人気なら抑えておきたい。

☆1 ブルミラコロ 11着

初の格上げ戦は毎回着順を下げているので、積極的には狙いにくいのですが、キンシャサノキセキ産駒、ヌレイエフ系の血を持っていて、血統的には悪くないので。

消し馬は次のページで

スポンサーリンク
おすすめ競馬本ランキング
ウマゲノム版 種牡馬辞典 2018-2019

今井雅宏の最新刊!血統の勉強+馬券に役立つ唯一無二の種牡馬辞典

◎血統に興味のある方にオススメ
◎種牡馬ごとの芝、ダートのの狙い所がわかる
△オリジナルの用語、理論があるので、それを理解しないとすべては使いこなせない

金満血統王国年鑑 for 2018

「金満血統王国」単行本・2018年向け最新版年鑑

◎重賞の傾向、狙い所が簡単にチェックできる
◯開催時期、条件で狙いたい血統がわかる
△種牡馬情報はあまり多くない
☓すべての重賞が掲載されているわけではないので、毎週は使えない

競馬研究所3 プロが勝負する厳選ダートコースガイド

血統ビームの亀谷敬正、ローテーションの錬金術師”双馬毅、トラックバイアス分析のプロ”馬場虎太郎それぞれのスペシャリストが実際に儲けているコースの仕組みをわかりやすく解説

◎ダートコースに特化した本なので、メインレース以外の馬券を買う方にオススメ
◯コースごとの狙い所がわかるので、該当する馬を狙い続ければ高配当のチャンスも
△情報が少ないコースもある
☓メインレースしかやらない方

予想競馬
takeをフォローする
気になる情報や競馬予想ブログ