スポンサーリンク

新潟 長岡花火大会 この夏に行きたいオススメの花火大会

2016年6月21日

~新潟 長岡花火大会~

夏といえば花火ということで、今年もどこの花火大会に行こうかと考えている人もいると思います。
たまには県外の花火大会に行ってみるのはどうでしょうか?

その中でオススメの1つは、新潟県の長岡花火大会です。

<日程>
日程は毎年長岡まつりとして、8月1日、2日、3日に行われているのでですが、その中で花火大会は2日と3日に開催されます。

<会場>
信濃川河川敷

スポンサーリンク

長岡の花火大会とは

昭和20年8月1日におきた長岡空襲の復興の慰霊祭としてはじまりました。
現在では、大曲の花火大会、土浦の花火大会、長岡の花火大会をまとめて「日本三大花火大会」と言われています。

fireworks_beiz_jp_S00497

花火を見るには?

花火大会を見るには、有料のチケットが販売されています。チケット数は昨年は8万人分だったのですが、今年は1.5倍増え、12万人分とのことです。さらに有料席の自由席はなくなり、すべて指定席となっています。

チケットの入手方法は?

(1)市民先行販売→(2)一般販売→(3)キャンセル分の抽選販売→(4)インターネットなどで販売((3)までの売れ残り)→(5)左岸当日限定有料席の販売になっています。

(4)、(5)に関しては先着順になっているので、チケットを取りたい人は、早めに公式サイトで確認しておくといいと思います。

その他の観覧方法は?穴場はスポットは?

■蔵王橋周辺
■古正寺町の公園
■長岡市役所裏の土手
■イオン長岡店の屋上
■アピタ長岡店の屋上
■アピタの反対側の土手
等がありますが、どこも穴場スポットとして知られている所なので、当日早めに場所とりしないといけないと思います。

その他には、市外に宿泊して、当日早めに現地に行くようにしたり、各旅行会社にて、1泊2日のツアーやバスツアーなども用意されているので、有料席のチケットが取れなかった方も、あきらめないで探してみるといいかもしれません。

2016年の長岡花火大会は、8月2日(火)・3日(水)の平日に開催されるので、例年よりも多少混雑は少ないかもしれません。新潟県まで足をのばして、行ってみるのはいかがでしょうか!

スポンサーリンク