スポンサーリンク

中山牝馬ステークス2016展望、過去のデータから予想ポイント、傾向を考察

2016年3月11日

中山牝馬ステークス2016 GⅢ 右  芝1800m(A)

中山牝馬ステークス2016の予想ポイントを見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

前走上がり3位以内

過去4年12頭中6頭が馬券に絡んでいるので、上位の上がりを使ってきた馬には注意しておきたいレースです。

前走上がり3位以内の馬

  • バウンスシャッセ
  • レイヌドネージュ

軽ハンデ馬にも注意

過去4年で12頭中6頭が斤量53.0kg以下の馬でした。逆に斤量55.0kg以上でトップハンデだった馬は1頭も馬券に絡んでいないので斤量にも注意しておいた方がいいかもしれません。

前走6着以内で斤量53.0kg以下の馬

  • ハピネスダンサー(53.0kg)
  • レイヌドネージュ(53.0kg)
  • ヴィルジニア(50.0kg)

トップハンデ馬

  • ルージュバック(56.0kg)
  • ノボリディアーナ(56.0kg)

距離短縮馬

過去4年で12頭中7頭が距離短縮馬でした。1600mからの距離延長馬も来ているのですが、連で見ると8頭中7頭が距離短縮なので、どちらかと言うと距離短縮馬の方を重視したいレースです。

距離短縮馬

  • ルージュバック
  • メイショウスザンナ
  • ヴィルジニア
  • アルマディヴァン
  • ウインリバティ
  • シュンドルボン
  • レイヌドネージュ
  • アースライズ
  • クインズミラーグロ

続きは次のページで!!

スポンサーリンク