スポンサーリンク

京都牝馬ステークス2015 出走馬診断

2015年1月23日

[icon image=”check3-r”]京都牝馬ステークス2015 出走馬診断

京都牝馬ステークス2015の出走馬診断をしていきたいと思います。

スポンサーリンク

キャトルフィーユ

ディープインパクト産駒なので血統的にこの舞台は問題ないと思いますが、成績を見ると、上がりのかかるタフなコース向きで、平坦の京都向きではないと思います。使い詰めで来ているのもマイナスで、人気なら割り引きたい。


ケイアイエレガント

キングカメハメハ産駒なので距離短縮はプラスで、前走休み明けで13着なので疲れも残っていないと思います。極端な外枠に入ってしまったら厳しいかもしれませんが、内枠に入れれば面白そう。


アロマティコ

キングカメハメハ産駒の距離短縮、間隔があいているのはプラスですが、GⅠから相手ダウンの流れはマイナス。この馬も内枠を引ければ面白そうですが、三浦騎手からの乗り替わりなので少し割り引きたい。


フォーエバーモア

4歳馬ということもあって斤量53.0kgで出走できるのはプラスですが、ネオユニヴァース産駒なので、どちらかというと、非根幹距離の1400m、1800mの方がよさそうな印象です。さすがにオークスからの休み明けなので積極的には買いにくい。


ウイングドウィール

能力的に重賞では厳しい印象で、シンボリクリスエス産駒の格上げの流れもマイナス。


ダンスアミーガ

サクラバクシンオー産駒の相手アップの流れもプラスで、この舞台も問題ないと思います。ただこのレースの来ている傾向の血統ではないので、穴人気するようなら、積極的に狙いたい馬ではないです。


ベルルミエール

前走距離延長組が穴をあけるレースですが、血統的には距離延長はマイナスだと思います。成績を見ても1400mの非根幹距離の方がよさそうで、穴人気しているのであまり買いたい馬ではないです。


レイカーラ

成績を見ると重賞では厳しい印象ですが、岩田騎手に乗り替わりはかなりプラスなので、内枠を引ければ穴として少し抑えてみても面白そう。


シャイニーガール

ブラックタイド産駒なのでこの舞台は問題ないと思います。ただあまり距離短縮がプラスになる血統ではなく、オークスからの休み明け初戦では少し厳しそう。


メイショウスザンナ

アグネスデジタル産駒はどちらかというと、坂のあるコース向きで、平坦の京都替わりはマイナスで、能力的に重賞では厳しい。


クッカーニャ

前走の中山から京都に替わることはプラスになりそうですが、能力的に重賞では厳しい。


パワースポット

展開が向けばチャンスはあるかもしれませんが、スズカマンボ産駒の使い詰めはマイナスで、特に傾向に合う血統ではないので狙いにくい。


トーセンベニザクラ

ダイワメジャー産駒なので、条件的には前走の方がよさそうで、今回強調点は少ないので、狙いにくい。


ウリウリ

昨年の勝ち馬なので適性的に問題なく、リピーターが走るレースなので馬券からは外せないと思います。

ただ昨年は距離短縮、格上げ、間隔があいていて、プラスの条件がそろっていたのですが、今年は間隔が詰まっていて、距離延長、斤量が昨年から2.0kgプラスの54.0kg、昨年と違う福永騎手と不安な要素もあるので、人気なら抑えに回した方がよさそう。

ゴールデンナンバー

除外あけというのは不安ですが、ダイワメジャー産駒の間隔をあけて相手アップの流れはいいと思います。

展開に左右されるので、軸向きではありませんが、昨年も外枠で0.4秒差の6着なので、もう少し内目の枠を引ければ、馬券内のチャンスもありそう。


マコトブリジャール

ストーミングホーム産駒の距離短縮はプラスですが、どちらかというと坂のあるコース向きで、この時期の成績も悪いのもマイナス。


レーヴデトワール

ゼンノロブロイ産駒の距離短縮自体はプラスですが、もう少しタフな馬場向きで、京都1600mに替わることはあまりプラスではないと思います。雨で外枠なら少し抑えてもいいですが、この舞台で人気で買いたい馬ではないです。


リアルヴィーナス

いい脚を使える馬なので、展開が向けばチャンスはあるかもしれませんが、1400mがベストの印象で、1200mから1600mの距離延長もあまりよくない。


[icon image=”check3-r”]京都牝馬ステークス2015 出走馬診断まとめ

上位人気の馬に不安要素があるので、荒れそうですが、積極的に狙いたい馬も少ないので、軸選びも難しくなりそうです。

注目馬[icon image=”finger1-r”]
三連単・三連複(競馬) ブログランキングへ

スポンサーリンク