スポンサーリンク

京都新聞杯2015予想 出走馬診断

京都新聞杯2015出走馬診断

京都新聞杯2015の出走馬診断をしていきたいと思います。

スポンサーリンク

アルバートドック

ディープインパクト産駒なので適性的には問題ないと思います。ただ初重賞で鮮度のある状態で4着は少し物足りない印象ですが、今回も格上げ、それなりに間隔をあけているのもプラスなので、人気なりには走りそう。


サトノラーゼン

勝ち切れないレースが続いていましたが、4走前に青葉賞の勝ち馬レーヴミストラルに勝ってきているので、ここでも通用する力は持っていると思います。少し使い詰めは気になりますが、ディープインパクト産駒の初重賞で鮮度もあるので馬券には入れておきたい1頭です。


ジェネラルゴジップ

ディープインパクト産駒の初重賞と鮮度はあるのですが、500万条件も勝ててなく、速い上がりも使えていないので、現時点では能力的に足りなそう。


シャッターチャンス

過去5年で3頭、近2年連続馬券に絡んでいるネオユニヴァース産駒なので血統的にはあっていると思います。ただその3頭は前走2000mからの距離延長で、この馬は芝1800mの未勝利戦をやっと勝ち上がった馬なので、少し厳しそう。


シュバルグラン

ハーツクライ産駒の相手アップの流れはプラスですが、京都コース替わりはあまりプラスにはならなそうです。出来れば内枠を引きたい。


スピリッツミノル

ディープスカイ産駒の距離延長、相手ダウンの流れはプラスだと思います。外目の枠を引いてもまれずにレースが出来れば面白そう。


スワーヴジョージ

前走は青葉賞1,2着馬の3着なので能力的にはここでも通用しそうです。ただ坂のあるコースの方がいい印象もあるので、京都替わりは微妙。


ゼンノブレーメン

京都芝2200mは2回使って連対を外していないので、適性的には問題ないと思います。ただメンバーレベルは一気に上がるので、少し厳しそう。


タイセイアプローズ

相手アップの流れはプラスですが、前走休み明けで、人気以上に走っているので反動が気になります。京都もベストではないと思うので、今回は狙いにくい。


ダノンリバティ

前走は距離延長、外枠と厳しい条件だったので、今回は前走よりはいいと思います。ただそれでも使い詰め、距離延長と条件的にはプラスではないので、抑えくらいでよさそう。


トーセンバジル

能力的にはここでも通用すると思いますが、基本的には中山等の坂のあるコースのほうがよさそう。3走前に33秒台の上がりを使っているので、京都も問題ないと思いますが、差し届かない可能性もありそうです。


ネオアトラクション

Montjeu産駒で距離延長は問題ないと思います。京都コースしか使ってきていませんが、もう少しタフな舞台はの方がいいと思うので、ここでは厳しそう。


ポルトドートウィユ

相手アップの流れはプラスで、京都もあっていると思います。ただ前走の4着は物足りない内容で、少頭数のレースしか経験していないので、人気では妙味はなさそう。


リベレーター

初戦ではリアルスティールに3馬身差、前走のメンバーをみてもいきなり重賞では少し厳しそう。


レントラー

ハーツクライ産駒の相手アップの流れはプラスですが、使い詰めで来ていて、500万条件を勝ち切れない状態では少し厳しそう。


ロードクロムウェル

父サドラーズウェルズ系で新馬戦は阪神の重馬場と合う条件で、今回は平坦の京都と問われる適性が間逆なのでここでは厳しい。


京都新聞杯2015 出走馬診断まとめ

なかなか積極的に狙いたい馬が少ないので難しいのですが、普通に傾向に合いそうで、状態のいい馬を買いたいレースです。


京都新聞杯2015 注目馬!!

スポンサーリンク