スポンサーリンク

共同通信杯2018最終予想、出走馬全頭の評価は? 

専属の情報検定士が提供! 必ず毎週出現する万馬券が低投資でがっつり狙える!!
現在無料で予想参考データを公開中!! ↑↑ここから登録できます!

共同通信杯2018/2/11競馬予想

共同通信杯2018出走馬全頭の最終評価、予想をしていきたいと思います。

スポンサーリンク

東京11R 共同通信杯

◎10 ゴーフォザサミット 4着

血統的に休み明け、距離短縮はプラス。血統的にベストの枠ではありませんが3歳戦、この頭数ならスムーズにレースできる分そこまで割り引かなくてもよさそう。

○12 グレイル 7着

能力、実績的にも上位で距離短縮もプラス。初の東京は不安ですが、ハーツクライ産駒で血統的には問題ないと思うので。

▲9 ステイフーリッシュ 10着

ステイゴールド産駒、母父キングカメハメハで東京替わりは問題ないと思います。ただ少頭数、距離短縮、相手ダウンの流れ、外枠と積極的に狙いたい条件ではないので少し評価を下げたい。

△1 サトノソルタス 2着

ディープインパクト産駒なので休み明け、初重賞はプラス。ただ1戦1勝馬を積極的に狙いたいレースではないのでこの人気なら抑えに回したい。

△2 カフジバンガード 5着

ハービンジャー産駒なので距離延長はプラス。血統的にこの枠は割引きですが、少頭数なので揉まれずレースできれば。

△7 ブラゾンダムール 6着

前走500万クラス10着なので積極的に狙いにくいのですが、休み明け、初重賞はプラス。ディープインパクト産駒、サドラーズウェルズ系、グレイソヴリン系の血を持っていて血統だけ見れば面白そうなのでこの人気なら少し。

☆3 アメリカンワールド 9着

未勝利戦からなので積極的に狙いたいローテーションではありませんが、サドラーズウェルズ系の血を持っているのはプラス。脚質的にこの枠も悪くないと思うので馬券には入れておきたい。

スポンサーリンク