スポンサーリンク

クイーンステークス2014 競馬予想ポイント考察

2014年7月30日

クイーンステークス2014 競馬予想ポイント考察

クイーンステークスの予想ポイントをチェックしていきたいと思います。(2013年は函館開催の為、入れていません。)

スポンサーリンク

・3歳馬に注意
春のクラシックから間隔があいていて、疲れも取れて力も出せる状態の為か、3歳馬の軽斤量をいかせるレースになっています。

ただ重賞でも好走できるくらい力のある馬でないと厳しいと思います。

・枠順は不問
前日の土曜日のレースで偏った傾向がでていない限りは、基本的にはフラットで、個々の馬の得意な枠かどうかの判断でいいと思います。

あえて言うなら、中枠位からスムーズに好位を取れる馬がいい印象です。

・脚質は2番手から1桁通過順位くらいで競馬ができる馬
コーナー4回の平坦で直線が短いコースなので、好位から中団位でレースができる馬がいいと思います。追込み一手や先頭で逃げ切るようなタイプの馬はマイナスです。

後は、コーナー4回のコースで好走している馬や洋芝が得意そうな馬を狙っていきたいです。

・血統注目
ゼンノロブロイ産駒、母父キングマンボ系が好走するレースですが、今年はゼンノロブロイ産駒0、母父キングマンボ系はダート中心に使ってきた1頭だけなので、血統だけで予想するのは難しいレースです。

一応注目血統は、ヘイロー系、ミスタープロスペクター系、キングマンボ系、グレイソブリン系、ロベルト系の血が入った馬に注目しています。

・前走は3着以内かGI出走馬
当てはまる馬が少ない年と多い年があって一概には言えないのですが、前走GⅠからでも間隔があいていて疲れも取れているので、GⅠに出走できるくらいの力のある馬や近走の成績がいい馬が好走できるレースです。該当する馬が多い年で、前走GⅠ以外で負けている馬は軽視したいです。

・まとめ
今年はなかなか血統や傾向で当てはまる馬が少なかったりして、レース傾向で予想するのは難しいので、レベルの高いレースで好走している力のある馬を選んでいきたいです。

現時点での注目馬→
競馬 ブログランキングへ重賞では馬券に絡んでいませんが、差のないレースをしているし、傾向に当てはまるので。

スポンサーリンク