スポンサーリンク

金鯱賞2014 予想ポイント考察

2014年12月4日

[icon image=”check3-r”]金鯱賞2014 予想ポイント考察

金鯱賞2014の予想ポイントをチェックしていきたいと思います。(過去2年のデータをチェックします。)

スポンサーリンク

[icon image=”point1-1-gr”]1番~3番馬番の馬は割引き

基本的に中京コースはバンクがきついので、極端な内枠の馬は不利になります。このレースでも過去2年で、1番~3番馬番の馬は1頭もきていません。

2012年の2番人気のダノンバラード、2013年の1番人気のメイショウナルト、4番人気のムスカテールと比較的人気の馬も馬券内に入れなかったので、この枠に入った馬は少し割り引きたいです。

[icon image=”point1-2-gr”]馬券内は3歳~5歳馬

過去2年で6歳以上の馬は1頭もきていません、馬券内は3歳~5歳馬を中心にした方がいいかもしれません。

3歳~5歳馬

  • エアソミュール(5歳)
  • カレンブラックヒル(5歳)
  • クランモンタナ(5歳)
  • サトノノブレス(4歳)
  • ニューダイナスティ(5歳)
  • ユールシンギング(4歳)
  • ラストインパクト(4歳)
  • ラブリーデイ(4歳)

[icon image=”point1-3-gr”]休み明けの馬にも注意

昨年3か月以上の休み明けの馬が3頭出走してきて、その3頭が1,2,3着になりました。1年以上の休み明けのウインバリアシオンも3着に来ていたので、状態面、血統をチェックして問題なさそうなら、狙っていっていいと思います。

3か月以上の休み明けの馬

  • ウインバリアシオン(5ヶ月半)
  • オーシャンブルー(7ヶ月)
  • パッションダンス(1年6ヶ月)
  • ユールシンギング(3ヶ月)
  • レッドデイヴィス(1年7ヶ月)

[icon image=”point1-4-gr”]前走2桁着順の馬は消し

過去2年で前走2桁着順の馬は1頭もきていません。前走GⅠ出走していても、巻き返しは厳しそうです。

前走2桁着順の馬

  • オーシャンブルー
  • クランモンタナ
  • ダークシャドウ
  • ニューダイナスティ
  • ペルーサ
  • ユールシンギング
  • レッドデイヴィス

[icon image=”point1-5-gr”]2桁人気の馬は消し

過去2年で2桁人気の馬は1頭もきていません。そこそこ強いメンバーが集まるレースなので、2桁人気の大穴狙いはしないほうがよさそうです。

現時点(12/2)netkeiba予想オッズ

  1. ウインバリアシオン 2.8
  2. エアソミュール 3.3
  3. ラストインパクト 4.1
  4. サトノノブレス 9.4
  5. ラブリーデイ 11.2
  6. クランモンタナ 16.0
  7. カレンブラックヒル 20.9
  8. ダークシャドウ 34.2
  9. オーシャンブルー 38.9
  10. ユールシンギング 54.7

[icon image=”point1-6-gr”]注目血統

ノーザンダンサー系、ニジンスキー系、トニービンに注目。

特に過去2年で6頭中4頭が持っていたトニービンの血を持つ馬に注目。

トニービンの血を持つ馬

  • ウインバリアシオン
  • エアソミュール
  • クランモンタナ
  • サトノノブレス
  • ユールシンギング
  • ラブリーデイ
  • レッドデイヴィス

[icon image=”check3-r”]金鯱賞2014 予想ポイント考察まとめ

基本的には傾向に合うトニービンの血を持つ馬を狙っていきたいレースです。ただ今年の出走予定馬はトニービンの血を持つ馬が多いので、しっかり状態、馬場傾向をチェックして予想していきたいと思います。

注目馬[icon image=”finger1-r”]
三連単・三連複(競馬) ブログランキングへ


★★━━━━━━━━━━━━━━━★★
新たな歴史に名を刻むダート頂上決戦!

 第15回 チャンピオンズカップ(G1)
★★━━━━━━━━━━━━━━━★★

昨年までのジャパンカップダートという名称から、
新たに生まれ変わったチャンピオンズカップ。

今年は絶対的と言えるダート馬はおらず、群雄割拠の一戦!

当時は信頼度の高かった馬も今では高齢。

そんな中、砂王の座に輝く可能性が限りなく高いのは、
実はあまり注目されていない「あの馬!」

順当にはいかない!
何かが起こる今年のチャンピオンズカップ!

今年、砂王に輝くのは「●●●●●●●」!

そんなチャンピオンズカップ(G1)、
ココでしか知る事の出来ない
マル秘情報を期間限定無料公開中!

 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

予想はメールアドレスのみで見れます

今回は難解レース、チャンピオンズカップ(G1)の予想で使える、
絶対に抑えておきたい馬券ポイントをお教えします!

■JBCクラシックからの臨戦に注目!

まず、過去10年のジャパンカップダート出走各馬の前走のレースを調べると、
該当馬が10頭以上いたレースでは、JBCクラシック組が連対率・複勝率で
トップの数値をマークしているというデータがあります。

勝率では南部杯・みやこS・武蔵野S組を下回っていますが、
2・3着馬は計10頭を数えており、要注目の臨戦過程として要チェックです。

■中京ダート1,800mは逃げ先行を押さえろ!

中京競馬場がリニューアルされた2012年から今年7月までにダート1800mで行われた
90レースの4コーナーの位置別成績を調べると、4コーナーを先頭で回った馬が
連対率で48.9%、3着内率では60.0%と圧倒的な数値を叩き出しています。

また、それに続くのも2~5番手組で、
4コーナーを先行集団で通過した馬が好成績を残す傾向にある。

今年も出走各馬の位置取りには注目しておきたいところです。

そんな波乱必至のチャンピオンズカップ(G1)ですが、
激走する馬には全て「ある特徴」があり、その信憑性は激高!?

そんなココでしか知る事の出来ない
チャンピオンズカップ(G1)「マル秘情報」を完全無料で公開中!

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

スポンサーリンク