スポンサーリンク

菊花賞2015出走馬診断

2015年10月22日

菊花賞2015 GⅠ 芝 右 外3000m(A)

菊花賞2015の出走馬診断をしていきたいと思います。

スポンサーリンク

アルバートドック

京都替わりはプラスになると思います。ただベストの舞台の京都新聞杯で3着なので、格的にGⅠでは少し足りなそう。

キタサンブラック

能力、実績的には上位で、3歳戦なので、ロスなくレースが出来ればこの距離もこなせると思います。ただブラックタイド産駒、母父サクラバクシンオーでこの舞台で狙いたい血統ではなく、人気もしそうなので、妙味のある馬ではないと思います。

サトノラーゼン

能力、実績的にも上位で、前走の中山は合わなかったので、京都替わりはプラスになると思います。血統的にこの距離では期待値は低いのですが、今回出走するディープインパクト産駒の中では1番長距離適性はありそうな印象です。

ジュンツバサ

ステイゴールド産駒の距離延長、相手アップの流れはプラスだと思います。ただ疲労には弱い血統で前走休み明けで差す競馬をして人気以上に走っている点はマイナス。血統的に母父アフリートもあまりプラスにはならない印象なので、内枠を引ければ多少は。

スティーグリッツ

距離延長をしながら好走しているので、スタミナ的には問題ないと思います。ただ好走しているのが、阪神、中山、中京と坂のあるタフなコースで結果を出しているので、京都替わりはあまりプラスにはならなそう。人気なら少し疑いたい。

スピリッツミノル

3連勝で来ているときは、距離が延びても問題なさそうな印象でしたが、重賞になってからはイマイチの成績で、近2走も負けすぎだと思います。よほど楽な展開で逃げれないかぎりは厳しそう。

タガノエスプレッソ

トニービンの血を持っている点、京都替わりは2戦2勝なので、プラスになると思います。ただ2000m以上の成績がイマイチの成績なので、この距離は少し長そう。

タンタアレグリア

サドラーズウェルズ系の血を持っているのはプラスですが、ゼンノロブロイ産駒は2500m以上では期待値が低く、間隔を詰めて、距離延長、相手アップの流れはマイナスなので積極的には狙いにくい。

続きは次のページで!!

スポンサーリンク