スポンサーリンク

京成杯オータムハンデキャップ出走馬診断2015

京成杯オータムハンデキャップ2015 GⅢ 芝 右 外1600m(B)

京成杯オータムハンデキャップ2015の出走馬診断をしていきたいと思います。

スポンサーリンク

レッドアリオン

実績的には上位で、傾向にも当てはまり、この舞台も問題なさそうです。ただ疲労に弱い血統なので間隔を詰めて前走勝ち切っているのはマイナスで、内枠を引いたら割引きたい1頭です。


エキストラエンド

マイル自体は問題ないと思いますが、鮮度もなく平坦コースの方がいいと思うので、特に強調点は少ない1頭です。


スマートオリオン

今回の舞台の方がいいと思いますが、前走は先行馬が残る展開で11着は負け過ぎの印象で、状態が落ちてきている可能性もあるので、積極的に狙いたい馬ではないです。


アルビアーノ

この舞台の実績もあり脚質的に開幕週の馬場もプラスだと思います。ただ前走は4着でしたがかなりの着差をつけられて負けているので、ダートを使ったことはマイナスになりそう。ダートを使ってリズムを崩す馬は多いので、1番人気なら疑って予想したい。


コスモソーンパーク

距離短縮、相手アップの流れと条件的には悪くないと思います。開幕週の馬場なのでスピードを問われると厳しい印象ですが、内枠、重馬場と条件がそろえば穴としてなら面白そう。


フラアンジェリコ

このコースの実績があるので適性的には問題ないと思います。ただあまり距離短縮馬を狙いたいレースではないので、ある程度タフな馬場なら。


アルマディヴァン

血統的には合いそうで、内枠を引けば面白い1頭だと思いますが、疲労には強くない血統で、今年に入ってほぼ休みなく使われ続けられているので積極的には狙いにくい。


ブレイズアトレイル

能力的にここでも通用する馬で、間隔をあけて、相手アップと条件的にも悪くないと思います。後は極端な外枠を引かず、差しも届く馬場なら。


シャイニープリンス

このコースの実績があるので適性的には問題ないと思いますが、父リファール系はあまり相性のよくないレースなので、血統を見ると狙いにくい。


ショウナンアチーヴ

このコースで重賞を2回使って連を外していないので、適性はある舞台だと思います。ショウナンカンプ産駒の相手アップ、距離延長と条件的にはよくないのですが、この人気なら抑えておいても面白そう。


ダローネガ

このコースの実績もあり、それなりに間隔をあけて使ってきているのもプラスだと思います。開幕週の中山で外枠を引いて追い込む競馬だと厳しいので、3走前のようなレースが出来れば。


タマモトッププレイ

フジキセキ産駒の距離短縮はプラスですが、能力的に重賞では足りなそう。


ケイティープライド

初重賞という点で鮮度はあるのですが、ディープインパクト産駒は中山マイルは得意な舞台ではなく、クラスを勝つのに時間がかかっているので、能力的に少し足りない可能性もありそう。全く人気がなければ少し抑えるくらい。


ヤングマンパワー

マイルは得意な馬ですが、このコースはクラスが上がるごとに着順を下げていて、前走は休み明け、相手ダウンと好走条件がそろっていましたが、今回は強調点は少ない。


グランシルク

このコースの実績もあり、ステイゴールド産駒の休み明けもプラスだと思います。内枠を引けば面白い1頭ですが、福永騎手に戻るので、内枠を引いても詰まる可能性はありそう。


マイネルホウオウ

GⅠ馬でこのコースの実績もありますが、開幕週で距離短縮はあまりプラスにはならなそう。近走の成績を見ると狙いにくい。


京成杯オータムハンデキャップ2015 出走馬診断まとめ

人気馬は嫌いたい要素があるので、面白そうですが、買いたい条件の馬も少ないので、難しいレースだと思います。馬場、枠順をみて合いそうな馬を狙っていきたいと思っています。


京成杯オータムハンデキャップ2015 注目馬!!


京成杯オータムハンデキャップ関連記事はコチラ!!

【PR】

━━━━━━━━━━━━━━★
【9月13日(日)】
サマースプリントシリーズ
最終戦

阪神競馬場11レース

セントウルステークス(G2)

★━━━━━━━━━━━━━━

業界内で注目視されているのは…


【意外な実力を持つあのダークホース!】

普通の予想では“見極め不可”とウワサされる、
このレースを賑わすダークホースとは!?

プロの視点からの予想をこちらから無料公開中です。

2014年からスプリンターズステークスの
前哨戦と重要なレースとなっているセントウルステークス。

「セントウルって何ぞや!?」

と思われるかもしれませんが、
半人半馬の架空の動物、ケンタウロスの事です。

ケンタウロスは、
非常に乱暴で粗野な性格な上、好色で下品だそうです。

なかなか、アウトローなヤツですね。

そんな荒くれ者がモチーフとなったレースですが、
このレースは1番人気、2番人気は安定した成績。


レース自体もそんな荒れていません・・・

ケンタウロスは案外、
生真面目なヤツなのかもしれませんね。

また、近年の勝ち馬は全て、
サマースプリントシリーズの勝ち馬から出ています。

サマースプリントシリーズの最終戦という事もあり、
夏のデータはすでに出そろっているので、
順当なレースとなりやすいのでしょう。

ですので

重要なのは、伏兵馬になります。

 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

1桁人気後半の馬は
毎回のように1頭は突っ込んできます。

その伏兵馬を見つける事が
セントウルステークスで稼ぐポイントとなるでしょう。

では!


セントウルステークスの伏兵馬を
見つけるポイントを探っていきましょう!


■血統から見る伏兵馬予想■

サクラバクシンオーやアドマイヤマックス産駒が、
このレースでは人気を集めると思いますが、

重要なのはダイワメジャー産駒。

単勝15倍以内に絞れば70%の複勝率という、
美味しい狙い方が出来ます。

そして、このコースで単勝回収率400%超えの
異常な成績を持つ北村宏司騎手を見かけたら、
どんな人気であっても買いです。

人気薄であろうが突っ込んでくる可能性大です。


■コースから見る伏兵馬予想■

最初の直線、最後の直線が長いのが、
このコースの特徴。

上りもなく、ハイペースになる事は必至です。

相当なハイペースなら、差し馬が有利。

それ以外なら、先行馬が優勢に傾きます。

レースを作る先行馬の前走などに注目して、
レース展開を予想する事がかなり重要となってきます。

人気薄の逃げ馬は最後の直線が長い分、期待は禁物です。

そして、実は・・・
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


業界内の情報によると、
G1の前哨戦となるこのレースだけに照準を合わせ、
かなり仕上げてきている馬がいるとの事!

・・・・・・・・・・・・・・・


軽視されている馬だけに穴馬となる事は必至です!


セントウルステクース(G2)で、激走の可能性大の穴馬とは!?

こちらから予想の全貌をすぐにご覧になれます。

スポンサーリンク