スポンサーリンク

JBCクラシック2015枠順と予想ポイント考察、出走馬診断

2017年1月24日

リピーターに注意

開催場所は替わりますが、ダート中距離戦線は同じような馬が来ることが多いので、過去に馬券になった経験がある馬は有力だと思います。

過去JBCクラシックで馬券内の実績がある馬

  • コパノリッキー
  • クリソライト
  • ホッコータルマエ

先行馬有利

2010年も力の差はあったと思いますが、前に行った3頭で決まっています。馬場状態にもよるのですが、基本的には好位から前でレース出来る馬を中心に買いたいレースです。

注目血統

ノーザンダンサー系、ミスタープロスペクター系、キングマンボ系、グレイソヴリン系、ロベルト系に注目。

・米国型、ダート型の父サンデーサイレンス系の種牡馬に注意!!

JBCクラシック2015出走馬診断

クリソライト(JRA)

実績、能力的にも上位ですが、ゴールドアリュール産駒の内枠はマイナス。2013年にジャパンダートダービーで1着の実績があるので、コース適性は問題ないと思いますが、2014年に東京大賞典で内枠を引いて8着に負けているので、この枠順は不安。

ユーロビート(大井)

血統にはキングマンボ系の血を持っているのはプラスで、帝王賞4着の実績があるので適性的にも問題ないと思います。連対は厳しい印象ですが、有力馬が力を出せなかったら、馬券内のチャンスもありそう。

サウンドトゥルー(JRA)

前走は3馬身差の圧勝で強い内容だったと思います。フレンチデピュティ産駒の距離延長自体は問題ないのですが、内枠はマイナスで、母父フジキセキで1800m位がベストの印象もあるので、あまり人気になるようなら少し割引きたい。脚質的にも積極的には狙いにくい。

ニホンピロアワーズ(JRA)

適性的には問題ないと思いますが、衰えが見える成績で、地方重賞でもさすがにGⅠになると厳しそう。

ホッコータルマエ(JRA)

実績、能力的にも上位で軸として買うならこの馬が1番買いやすい印象です。昨年は4着に取りこぼしていますが、海外帰り初戦で、今年は1度叩いているので、大崩れはなさそう。

グランドシチー(JRA)

キングカメハメハ産駒、母父ブライアンズタイムなので、血統的にはいいと思いますが、この馬も8歳馬で近走の成績を見ても厳しそう。

ハッピースプリント(大井)

前走のマイルは合わなかったので、距離延長はプラスになると思います。ただこのメンバーに入ると少し足りない印象もあるので、3着候補の1頭か。デムーロ騎手に乗り替わりで過剰に人気になるようなら妙味はなさそう。

サミットストーン(船橋)

大井ダート2000mは3戦して3着を外したことがないので、コース適性はある馬だと思います。ただロージズインメイ産駒の外枠、距離延長の流れはあまりプラスではないので、この馬も3着候補の1頭。

コパノリッキー(JRA)

能力的にホッコータルマエに勝てそうなのはこの馬くらいで、ゴールドアリュール産駒でもまれ弱いので、この枠はプラスだと思います。前走の敗戦で多少人気が落ちてくれれば積極的に狙いたいのですが、大井のこのコースでは2戦して共に2着と勝ちきれていなく、前走も長期休養明けとはいえかなりの着差をつけて負けてしまったので、状態面は少し不安。

JBCクラシック2015 予想ポイント考察まとめ

このレースも傾向的にはかなり堅いレースなので、軸を決めて点数を絞って買ったほうがいいと思います。


JBCクラシック2015注目馬!!

スポンサーリンク