スポンサーリンク

阪神ジュベナイルフィリーズ2014 枠順確定!! 

[icon image=”check3-r”]阪神ジュベナイルフィリーズ2014 枠順確定!!

阪神ジュベナイルフィリーズ2014の枠順が確定しました。

馬場的には内でも問題ないですが、傾向的にはスムーズにレースができる外目の枠の方がよさそうです。

簡単に1頭ずつ枠順評価していきたいと思います。

スポンサーリンク

1枠 1番ロカ 54 和田 竜二

初戦と同じようにスムーズにレースができる外目の枠がよかったので、この枠はあまりプラスではないような気がします。


1枠 2番エフェクト 54 藤岡 佑介

血統的に距離が少し不安な馬なので、ロスなく回れる内枠はよさそう。

2枠 3番アルマオンディーナ 54 幸 英明

この馬も距離延長で、キンシャサノキセキ産駒なので血統的にこの枠はよさそう。


2枠 4番ココロノアイ 54 横山 典弘

血統にステイゴールド産駒の内枠はプラス。


3枠 5番スマートプラネット 54 田辺 裕信

ファルブラヴ産駒なので内目の枠はプラス。


3枠 6番トーセンラーク 54 四位 洋文

血統的には問題ないと思いますが、ごちゃつきそうな枠なので、あまりプラスにはならなそう。


4枠 7番アカリアイドル 54 国分 恭介

サクラバクシンオー産駒なので、もう少し内の方がいい印象です。


4枠 8番オーミアリス 54 国分 優作

ホワイトマズル産駒なので極端な枠より、この枠なら問題なさそう。


5枠 9番アローシルバー 54 藤田 伸二

スペシャルウィーク産駒なので、もう少し内の方がよかったと思います。


5枠10番クールホタルビ 54 小牧 太

マツリダゴッホ産駒なので、もう少し内の方がよかったと思います。


6枠11番レッツゴードンキ 54 浜中 俊

血統的にはキングカメハメハ産駒なので、もう少し内の方がいいと思いますが、距離に不安はない馬なので、極端な外に入るよりは、この枠なら問題なさそう。


6枠12番カボスチャン 54 嘉藤 貴行

タニノギムレット産駒なので、この馬自身の力は出せそう。


7枠13番 コートシャルマン 54 川田 将雅

ハーツクライ産駒なので、血統的にはもう少し内の方がいいと思いますが、距離は問題ないと思うので、この枠なら力は出せそう。


7枠14番ダイワプロパー 54 高倉 稜

ダイワメジャー産駒なので、この枠はあまりプラスにはならない。


8枠15番レオパルディナ 54 武 豊

距離に不安がある馬なので、この枠はマイナス。


8枠16番ショウナンアデラ 54 蛯名 正義

ディープインパクト産駒なので、スムーズにレースできるこの枠はよさそう。


8枠17番ダノングラシアス 54 W.ビュイック

マンハッタンカフェ産駒なので、血統的に外枠はプラスで、傾向的にも合うのでこの枠はよさそう。


8枠18番ムーンエクスプレス 54 松山 弘平

アドマイヤムーン産駒なので、外枠はマイナス。


いい枠に入ったと思う馬[icon image=”finger1-r”]
三連単・三連複(競馬) ブログランキングへ


★★━━━━━━━━━━━━━━━★★
2歳女王を決める
波乱の姫武者戦!

第66回 阪神ジュベナイルフィリーズ(G1)
★★━━━━━━━━━━━━━━━★★

一昨年は三連単300万馬券が飛び出た、
阪神ジュベナイルフィリーズ(G1)

例年、伏兵馬が勝ち馬となっている難解な一戦。

なんと今年も4年連続波乱確定!?の信号が灯っています!

各関係者も「一昨年のデジャブだ」
と口を揃えて言うほど順当には決まらないであろうレース。

今週は阪神競馬場で何かが起こりそうです!

何が起こってもおかしくない2歳牝馬の一戦。
このレースを勝つ馬には『ある共通点』があった!!

順当にはいかない!何かが起こる今年の阪神ジュベナイルフィリーズ(G1)!

今年、年末の2歳女王に輝くのは「●●●●●●●」!

そんな阪神ジュベナイルフィリーズ(G1)、
マル秘情報を期間限定無料公開中!

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

予想はメールアドレスのみで見れます

今回は大波乱必至の難解レース、
阪神ジュベナイルフィリーズ(G1)の予想で使える、
絶対に抑えておきたい馬券ポイントをお教えします!

■前走の「距離」がカギに!?

過去10年の3着以内馬30頭中16頭は、前走の距離が1600m以上でした。
前走が1600m以上だった馬は、1600m未満だった
馬に比べて好走率が高いデータがあります。
臨戦過程を比較する際は、前走で今回と同じか、
今回よりも長い距離のレースに出走していた馬に注目してください。

■阪神コースだが近年は「関東勢」が有力!?

過去6年の3着以内馬18頭の内訳は、
関東馬と関西馬がそれぞれ9頭ずつとなっています。
勝利数では関西馬が関東馬を上回っているものの、
連対率と3着成率では関東馬が優勢というデータがあります。
2007年以前は地元の関西馬が上位馬の大半を占めていましたが、
近年の傾向を重視するなら関東馬を軽視するのは危険です。

そんな波乱必至の阪神ジュベナイルフィリーズ(G1)ですが、
激走する馬には全て「ある特徴」があり、その信憑性は激高!?

そんなココでしか知る事の出来ない
阪神ジュベナイルフィリーズ(G1)「マル秘情報」を完全無料で公開中!

スポンサーリンク