スポンサーリンク

阪神ジュベナイルフィリーズ2015出走馬診断

2017年1月24日

阪神ジュベナイルフィリーズ2015 GⅠ 芝 右 外 1600m(A)

阪神ジュベナイルフィリーズ2015の出走馬診断をしていきたいと思います。

スポンサーリンク

ブランボヌール

函館2歳ステークスを勝っているので実績は上位で、距離延長、相手アップの流れは悪くないと思います。ただ母父サクラバクシンオー、平坦芝1200mで好走しているので、坂のある1600mのコース替わりはあまりプラスにならなそうなので、人気なら疑いたい。

キャンディバローズ

ディープインパクト産駒の距離延長、相手アップの流れはプラスで、条件的には悪くない馬だと思います。ただルメール騎手でからアッゼニ騎手に乗り替わりは割引きで、これまで1度も上がり1位の脚を使えていないので、このコース替わりはあまりプラスにはならなそう。

デンコウアンジュ

前走は距離短縮、相手アップの流れはプラスで、枠順、展開も向いたレースだったと思います。特に積極的に狙いたい血統ではなく、前走マイナス18kgで10月に3戦もしてしまっているので、反動が不安。

メジャーエンブレム

能力だけならこの馬が抜けている印象で、間隔をあけながら使われているので、割り引くところは少なく、不利なくレースが出来れば馬券内には入ってくると思います。ただダイワメジャー産駒、母父オペラハウスで今回の舞台はベストではないので、前走のように展開が向いた馬に取りこぼす可能性も。

ペルソナリテ

前走は間隔を詰めて外枠と厳しい条件で、休み明け、相手アップの流れと条件的には今回の方がいいと思います。ただ能力的にそこまで強調はできないので、内枠を引いて、重い馬場なら少し。

マシェリガール

能力的にもGⅠでは厳しい印象で、前走ダートから芝替わりも特別プラスになる血統でもないのでここでは狙いにくい。

メイショウスイヅキ

距離延長、坂のあるコース替わりはマイナスで、血統的にも強調できない。

キリシマオジョウ

スクワートルスクワート産駒の距離延長はマイナスで、能力的にもここでは厳しそう。

続きは次のページで!!

スポンサーリンク