阪神大賞典2017最終予想、出走馬全頭の評価は? 

スポンサーリンク
競馬指数の精度はついにここまで来た!
わずか1分の予想で穴馬を見抜く競馬指数(最高72万馬券を的中)
>>> 3連単が3回に1回、馬単なら2回に1回は的中!

阪神大賞典2017/3/19競馬予想

阪神大賞典2017出走馬全頭の最終評価、予想をしていきたいと思います。

スポンサーリンク

阪神11R 阪神大賞典

◎3 シュヴァルグラン 2着

昨年の勝ち馬で適性的にも問題なく、ハーツクライ産駒の休み明け、内枠もプラス。血統的にこの舞台ならディープインパクト産駒よりこちらを上位評価したい。

○9 サトノダイヤモンド 1着

能力、実績的に上位で、ディープインパクト産駒の少頭数、休み明け、距離延長の流れもプラス。圧勝してもおかしくないと思いますが、ベストの舞台ではないので、この人気なら2番手で。

▲6 レーヴミストラル 9着

このメンバーなら実績的には上位。近走の成績を見ると積極的には狙いにくいのですが、追い切りはよかったので。

△8 タマモベストプレイ 4着

前走長距離好走後なので積極的に狙いたい馬ではありませんが、昨年の4着馬で、追い切りも悪くはなかったので、この人気なら抑えておきたい。

△4 トーセンバジル 3着

ハービンジャー産駒の休み明け、少頭数、相手ダウンの流れはプラス。ただ母父フジキセキで距離延長がそこまでプラスになる印象ではないので抑えまで。

△1 スピリッツミノル 5着

ディープスカイ産駒なので距離延長、少頭数はプラス。重賞で積極的に狙いたい馬ではありませんが、スタミナはありそうなので、いかせる展開になれば。

☆10 マドリードカフェ 6着

マンハッタンカフェ産駒なので少頭数の外枠はプラス。長距離実績はあるので、穴で少し。

PAGE 1 PAGE 2

スポンサーリンク

シェアする

フォローする