スポンサーリンク

白山大賞典2017枠順と過去のデータから予想ポイント考察、出走馬診断【最終予想追記】

2017年10月3日

競馬指数の精度はついにここまで来た!
わずか1分の予想で穴馬を見抜く競馬指数(最高72万馬券を的中)
>>> 3連単が3回に1回、馬単なら2回に1回は的中!

白山大賞典2017予想ポイント考察(JpnⅢ 金沢11R 2017年10月03日【火】ダート右2100m/発走16:30)

白山大賞典2017の出走馬診断と予想ポイントをチェックしていきたいと思います。

※最終予想は記事の最後に追記します!

スポンサーリンク

 出馬表
1枠1番 マズルファイヤー 牡7 54.0(笠松)
2枠2番 タガノディグオ 牡3 55.0(JRA)
3枠3番 カツゲキキトキト 牡4 54.0(愛知)
4枠4番 コパノチャーリー 牡5 54.0(JRA)
5枠5番 ナムラアラシ 牡4 54.0(JRA)
6枠6番 マイネルリボーン 牡7 54.0(金沢)
7枠7番 ミスアバンセ 牝5 52.0(金沢)
7枠8番 クリノスターオー 牡7 56.0(JRA)
8枠9番 アダムズアップル 牡6 54.0(笠松)
8枠10番 インカンテーション 牡7 56.0(JRA)
 出馬表

基本的にはJRA所属馬から

過去5年15頭中13頭はJRA所属馬でした。地方馬は2頭とも2番人気になるくらいの馬だったので、今年のメンバーを見てもJRA所属馬からでいいと思います。

JRA所属馬

  • タガノディグオ
  • コパノチャーリー
  • ナムラアラシ
  • クリノスターオー
  • インカンテーション

4番人気以内

過去5年馬券は4番人気以内の馬で決まっています。1番人気〜3番人気の2頭以上は毎年馬券に絡んでいるので、かなり堅い傾向のレースだと思います。

地方馬は前走2着以内で、OPクラス以上で連対実績がある馬

地方馬を積極的に狙いたいレースではありませんが、過去5年で馬券に絡んだ2頭ともこの条件に該当していたので、抑えておいてもいいかもしれません。

地方馬で前走2着以内で、OPクラス以上で連対実績がある馬

  • カツゲキキトキト

スポンサーリンク