スポンサーリンク

函館スプリントS 2014 レース予想回顧

2015年6月16日

函館スプリントS レース予想回顧

1着 ガルボ

最初から、冬しか走らないと決めつけて、ほとんど検討もせず、切ってしまいまいた。

重賞実績、58kgの斤量の経験、好枠、血統的にもノーザンダンサーが入っていて、買える要素がありました。
前走GIからの相手ダウン、大敗していて、消耗してなかったのも、良かったと思います。

ただ、基本的に寒い時期が得意だと思うので、暑い時期に北海道以外で使ってきたり、相手アップのときは軽視して、得意の条件の阪神カップ等を使ってきたら、積極的に狙いたいです。

スポンサーリンク

2着 ローブティサージュ

距離短縮が得意な血統であることと、洋芝実績もあったので、今回は買える要素が揃っていたと思います。

また、距離短縮のローテーションで出走してきた時に、狙っていきたいです。

3着 クリスマス

いろいろゴタゴタがあって、調教過程などしっかりできているかが不安だったので消してしまいました。

今回は、洋芝適性、斤量、展開面で来たと思います。
やっぱり短い距離が向いているので、洋芝の1200mを使ってきたときに買いたいです。

来年以降に向けて予想ポイント

・基本的には内枠先行有利。(展開的に先行馬が揃っているときは、差し馬にも注意。)
・外枠は距離短縮のみ買い。距離延長はマイナス。
・血統的にはノーザンダンサー系

今年は前走GⅠ組が、5頭中3頭と実績のある馬がきました。
こういう、実績があるのに人気が落ちている馬は他のレースでも結構穴をあけるケースがあるので、注意していきたいです。

GⅠで好走してしまうと、消耗してしまうので、今回馬券内にきた3頭とも、大敗していて、消耗も少なかったのが良かったのかもしれません。

スポンサーリンク