スポンサーリンク

函館2歳ステークス2015 出走馬診断

2017年1月24日

函館2歳ステークス2015出走馬診断

函館2歳ステークス2015の出走馬診断をしていきたいと思います。

スポンサーリンク

アルマククナ

マイネルラヴ産駒の距離延長はマイナスですが、母父ステイゴールドでスタミナ型の血を持っているので、この舞台は悪くないと思います。内枠を引ければ。


オデュッセウス

ファルブラヴ産駒、母父スペシャルウィークで距離短縮時に狙いたい血統ですが、父ノーザンダンサー系、母父スタミナ血統なのでこの舞台は合うと思います。人気ですが極端な外枠を引かない限りは馬券に入れておきたい1頭。


コスモフレンチ

父ヴァイスリージェント系、ダンジグ系の血を持っていてこの舞台は悪くないと思います。ただ2戦の内容はそこまで強調できる点はないので、人気、枠順次第。


コラッジョーゾ

芝自体は問題ないと思いますが、ダートからのローテーションはマイナスで、血統的にも強調できる点はない。


タイニーダンサー

サウスヴィグラス産駒なので、芝重賞では狙いにくい。


ドナルチア

エーピーインディ系で、芝ならこの舞台は合いそうですが、重賞になると積極的には狙いにくい。


ヒルダ

ストームキャット系の血を持っているのはプラスですが、間隔が詰まっているのはマイナス。前走も少頭数、内枠、先行が有利なレースだったので、強調点は少ない。


ブランボヌール

ディープインパクト産駒の初重賞、サクラバクシンオーの血を持っているのはプラスで初戦の内容は悪くなかったと思います。ただ父サンデーサイレンス系、クラシックで来そうな血統は相性が悪いレースなので、人気なら割り引いたほうが妙味はありそう。


ペイシャオトメ

父ノーザンダンサー系は悪くないと思いますが、ダートからのローテーション、ファスリエフ産駒の洋芝1200mの成績もよくないので、ここは厳しそう。


マコトルーメン

前走は重馬場がプラスになった印象で、良馬場では積極的には狙いにくいのですが、血統的に見ても新馬戦時のようなタフな馬場になればチャンスはありそう。


メジェルダ

この馬もディープインパクト産駒の初重賞、ヴァイスリージェント系、ストームキャット系の血を持っているのはプラス。ただ間隔が詰まっているのはマイナスで、父サンデーサイレンス系なので、人気なら少し割引きたい。


メジャータイフーン

新馬戦で0.7秒差は出走馬で1番着差をつけて勝っていますが、少頭数、内枠、先行有利なレースで、メンバーレベルはそこまで高くはなかったと思います。この馬も父サンデーサイレンス系で人気なら少し割引きたい。


ラッキーボックス

新馬戦は外枠を引いて、0.4秒差をつけての1着は悪くない内容だったと思います。ダンジグ系の血を持っているのはプラスですが、ディープスカイ産駒はあまり疲労に強くないと思うので、間隔が詰まっているのはマイナス。洋芝替わりもあまり強調はできないので、人気、枠順次第。


ラプレシオーサ

ダノンシャンティ産駒でダート→芝替わりは問題なさそうで、父サンデーサイレンス系の中ではこの舞台は合いそう。距離短縮もプラスになりそうですが、ローテーション的に積極的には狙いにくい。


リンダリンダ

フレンチデピュティ産駒のダート→芝替わりはプラスで、血統的にこの舞台も合いそう。ただローテーション、能力的に積極的には狙いにくい。


レディトリス

エンパイアメーカー産駒なので、芝なら力のいる洋芝は合いそう。ただ基本的にはダート血統なので、重賞では買いにくい。

函館2歳ステークス2015 出走馬診断まとめ

父サンデーサイレンス系が相性の悪いレースで、予想オッズの段階で上位5頭中4頭が父サンデーサイレンス系なので、馬券的には嫌ってみても面白そう。


函館2歳ステークス2015 注目馬!!

函館2歳ステークス2015予想考察はコチラ!!

スポンサーリンク