スポンサーリンク

函館記念2014レース予想ポイントと出走馬診断(前編)

2015年2月25日

函館記念2014レース予想ポイントと出走馬診断

函館記念2014レース予想ポイントと賞金上位馬の出走馬診断をしていきたいと思います。

レース予想ポイント

・内枠有利
コース的にも基本的に内枠が有利だと思います。このレースもほぼ1桁馬番の馬がきているので、3頭中2頭は1桁馬番の馬から買いたいです。

・前走好走している馬は割り引き
開催最終週、洋芝とタフな条件になるので、スピードタイプの馬や、前走好走して間隔を詰めて出走してくる馬は割り引きたいです。

・高齢馬にも注意
高齢馬も馬券に絡むレースなので、年齢で評価を下げないで、適性が合う馬がいたら狙っていっていいレースだと思います。

スポンサーリンク

・血統注目
マヤノトップガン産駒が何度も馬券に絡んでいるので、ロベルト系に相性がいいレースなのですが、今年はセイルラージしかいません。出走できない可能性もあるので、似たような血統、菊花賞血統や長距離を走れる血統を狙っていきたいです。

ノーザンテースト系、ブラッシンググルーム系、ニジンスキー系、ネヴァーベンド系に注目していますが、今年は血統だけで狙うのは難しい気がします。

出走馬診断

まだ出走馬が確定していないので、賞金上位馬を診断していきたいと思います。

・アスカクリチャン
昨年の3着馬で距離もこの位がいいと思います。斤量58kgで勝利もあって、今回の57.5kgも問題ないと思います。近走の負けで、人気が落ちるようなら面白い。

・アドマイヤタイシ
重賞2着ばかりで勝ちきれないところはありますが、距離、血統、洋芝適性とあっていると思います。岩田騎手というのもプラス。馬券内の軸としては有力候補か。

・アドマイヤフライト
勝ち星がすべて寒い時期なので、暑い時期はあまり良くない印象です。GⅡ2着の実績はありますが、京都でのものなので、このタフな馬場ではきびしいか。

・アンコイルド
昨年の2着馬で適性面では問題ないです。前走からチョイ負けで、疲労もないし、この位の距離になるのもプラスだと思います。内枠に入れば買いたい馬です。ただ昨年より斤量がふえて人気にもなりそうなので、外枠なら軽視したいです。

・グランデッツア
能力的にGⅠ級と言われていて、調子もよさそうなので、今年のメンバーでは力は1番だと思います。だだ血統的にもこのレースで強調できる血統でもないし、斤量57kg以上の好走経験もありません。何となく、このレースで来るような馬と違う気がするので、個人的には1番人気のこの馬から入ることはないと思います。

・サイモントルナーレ
特に血統的にも脚質的にも強調できる点もないので、軽ハンデでも実績的に厳しい。

・サクラアルディート
GⅡ2着の実績はありますが、非根幹距離のほうが向いていると思うので、この距離はマイナスです。昨年の12月からずっと使われ続けていて、鮮度もないので、今回もきびしいか。

・シゲルササグリ
コーナー4回の力のいる2000mはこの馬にとってベストだと思います。大外なら厳しいと思いますが、1桁馬番をひければ、穴に面白いかも。

・ステラウインド
重賞では少し能力が足りない印象ですが、血統的には洋芝は問題なさそう。先行して上手く立ち回ってどこまでこれるか。

・ゼロス
実績的にこのメンバーでは厳しい印象です。前が残る馬場でよほど展開に恵まれないと厳しい。

現時点で穴で面白そうな馬は人気ブログランキングへ

長くなったので、続きは次の記事にしたいと思います。

スポンサーリンク