スポンサーリンク

フェアリーステークス2015 出走馬診断

2015年1月9日

[icon image=”check3-r”]フェアリーステークス2015 出走馬診断

フェアリーステークス2015の出走馬診断をしていきたいと思います。

スポンサーリンク

アドマイヤピンク

キングカメハメハ産駒なので今の中山の馬場は合っていると思います。少し使い詰めできている点は気になりますが、傾向に合う点も多いので、馬券には入れておきたい1頭です。


エヴァンジル

1600m、中山実績もあるのでこの舞台も問題ないと思います。血統的にも母父ノーザンダンサー系で合いそうな印象です。未勝利戦を勝ったばかりでそれほど人気もなさそうなので、抑えておきたい1頭です。


オーミアリス

重賞勝ち馬なので、実績的には上位ですが、平坦1200mで適性を見せている馬なので、この舞台に替わることはあまりプラスではないような気がします。

血統的にはノーザンダンサー系で、ニジンスキーの血を持っているので悪くはないと思います。そこそこ人気しそうなので、現時点では抑え評価。


カービングパス

中山は初めてですが、札幌の洋芝で結果を出しているので、この舞台も問題ないと思います。血統的にも問題なさそうなので、馬券には入れておきたい1頭ですが、過剰人気気味なので妙味のある馬ではないと思います。


ギンザヴィクトリア

中山のタフな舞台は問題ないと思いますが、距離はもう少し長いほうがいい印象です。3カ月以上の休みなく6戦もしているのはマイナスで、成績からも狙いにくい。


コートシャルマン

能力的には上位で、トニービン、ニジンスキーの血を持っているのはプラスだと思います。ただハーツクライ産駒の相手ダウン、1番人気はマイナスで、とりこぼす可能性もあると思うので、軸よりは抑えで買いたい馬です。


テンダリーヴォイス

能力的にはこのメンバーでは上位で有力な1頭だと思います。血統的に母父キングカメハメハというのはプラスですが、ディープインパクト産駒でこの舞台はベストではなく、初の右回りになり不安要素もあるので、積極的に軸で買いたいタイプの馬ではないです。


トーセンラーク

1600mという距離は問題ないと思いますが、アルデバランⅡ産駒の中山の芝成績は【0-2-0-26】で坂のあるコースはあまり合わないと思います。そこそこ人気しそうですが、どちらかというと軽視したい1頭です。


トラストレイカ

ケイムホーム産駒で芝替わり、距離延長とあまり買える要素はないです。


ナイアガラモンロー

アドマイヤムーン産駒なので距離延長、坂のあるコースに替わることはマイナスなので、ここでは厳しそう。


ノットフォーマル

ヴァーミリアン産駒なのでダートの方がよさそうですが、札幌芝の実績もあり、血統的にキングマンボ系で今の中山の馬場も合いそうな印象です。人気もなさそうなので、今年のメンバーなら抑えておいても面白そう。


ハナズプルメリア

血統的にはキングカメハメハ産駒なのでこの舞台は問題ないと思います。ただ距離延長、使い詰めはマイナスで、馬体重が少ない馬なので今の中山の馬場では厳しそう。


マラケシュ

前走の東京よりは中山の方がよさそうです。ただこの馬はヴァーミリアン産駒で母父がゴールドアリュールなので、さらにダート向きの印象なので、ここでは厳しそう。


メイショウメイゲツ

能力的にはここでも通用しそうですが、初の右回りで、ディープインパクト産駒なので積極的には狙いにくい。


ヤマタケマツリ

マツリダゴッホ産駒なので中山は合いそうな印象ですが、産駒の中山芝の成績は【1-0-4-41】意外とよくはありません。芝替わり、距離延長と課題は多いので、ここでは厳しそう。


ローデッド

中京で結果を出しているので、坂のあるコース自体は問題なさそうです。ただディープインパクト産駒で強調できる血統ではないので、この舞台で積極的には狙いにくい。


[icon image=”check3-r”]フェアリーステークス2015 出走馬診断まとめ

このレースもシンザン記念と同様に、前走の成績がいい馬も少なく荒れそうなレースです。3日間開催の3日目のレースになるので、土日の馬場を見て合いそうな馬を狙っていくのがいいと思います。

注目馬[icon image=”finger1-r”]
三連単・三連複(競馬) ブログランキングへ

スポンサーリンク