スポンサーリンク

ファルコンステークス2016展望、過去のデータから予想ポイント、傾向を考察

2016年3月18日

中日スポーツ賞ファルコンステークス2016 GⅢ 左  芝1400m(A)

ファルコンステークス2016の予想ポイントを見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

良馬場なら前走芝1400mで上がり3位以内

過去4年良馬場で開催された2013年2014年の馬券内6頭中4頭が前走芝1400mで3位以内の上がりを使っていました。残りの2頭も1200m、1600mですが5位以内の上がりを使っていたので、良馬場なら上位の上がりを使ってきた馬を狙いたいレースです。

前走芝1400mで上がり3位以内の馬

  • トウショウドラフタ
  • ペイシャフェリシタ
  • ルグランフリソン

力のいる馬場なら前走芝1600mからの距離短縮馬

過去4年で稍重の2015年、重馬場の2012年の馬券内6頭中5頭が前走芝1600mからの距離短縮馬でした。残りの1頭も2走前に朝日杯フューチュリティステークスを使っている馬だったので、力のいる馬場なら距離短縮馬を重視したいレースです。特に前走1600m重賞で、1.0秒差以内の馬は2014年良馬場でも1着のタガノグランパが該当していたので、馬場問わず注意しておいた方がいいかもしれません。

前走芝1600mから距離短縮の馬

  • シュウジ(0.8秒差
  • サイモンゼーレ
  • ショウナンライズ
  • シゲルノコギリザメ(0.6秒差
  • マディディ(0.4秒差

1400mで連対実績がある馬

過去4年で12頭中9頭が1400mで連対実績がありました。昨年も14番人気1着のタガノアザガルも該当していたので、人気にかかわらず注意しておきたい傾向です。

1400mで連対実績がある馬

  • シュウジ
  • トウショウドラフタ
  • オーシャンビュー(※ダート)
  • ショウナンライズ
  • ペイシャフェリシタ
  • マディディ
  • メイショウシャチ
  • ルグランフリソン
  • メイスンスパート

続きは次のページで!!

スポンサーリンク