スポンサーリンク

デイリー杯2歳ステークス2014 予想ポイント考察

2014年11月13日

[icon image=”check3-r”]デイリー杯2歳ステークス2014 予想ポイント考察

デイリー杯2歳ステークス2014の予想ポイントをチェックしていきたいと思います。

スポンサーリンク


★★━━━━━━━━━━━━━━━★★
女心は秋の空!
女帝を決める女の一戦!

東京競馬場メインレース
第39回 エリザベス女王杯(G1)
★★━━━━━━━━━━━━━━━★★

「 女性の心は変わりやすい! 」

一生懸命追いかけているのに、フラれる事も・・・
そう、それは競馬でも同じ!

おてんば娘達が繰り出す波乱レースの幕開け。

《 第39回 エリザベス女王杯(G1) 》

女帝を決める一戦で、輝きを放つのはどの女神か!

波乱必至のエリザベス女王杯(G1)で絶対に抑えておくべき
「あの穴馬」を期間限定無料公開中!

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

※メルアド入力後、送られてくるメールのURLをクリックして登録を完
了させてください。


今回は難解レース、エリザベス女王杯(G1)の予想で使える、

絶対に抑えておきたい馬券ポイントをお教えします!

■勝ち馬を見つけるなら枠番から!?

過去10年の枠番別成績を見てみると、
好走率では枠の内外によってそれほど大きな差は出ていません。

ただし!その中でも8枠の優勝馬が4頭と飛び抜けて多い点は
要注意・要チェックしなければいけない傾向です!

■前走の単勝人気からも特徴が!?

前走の単勝人気別にも成績を調べてみると、
過去10年のエリザベス女王杯では、前走で単勝1番人気だった馬の優勝は無し。

連対率と3着内率はまずまずの数字となっているだけに、
ちょっと気になるデータだと言えますね。

その他では、前走で2番人気・4番人気だった馬が
好走率で上位の数値をマークしています。

そんな波乱必至のエリザベス女王杯(G1)ですが、
激走する馬には全て「ある特徴」があり、その信憑性は激高!?

そんなココでしか知る事の出来ない
エリザベス女王杯(G1)「マル秘情報」を完全無料で公開中!
↓    ↓     ↓     ↓

※メルアド入力後、送られてくるメールのURLをクリックして登録を完了させてください。

[icon image=”point1-1-gr”]6番人気以内で決まる

基本的に堅いレースで過去5年とも6番人気以内の馬で決まっています。傾向に合わない6番人気以下の馬は消してしまってもいいかもしれません。


現時点(11/13)のnetkeibaの予想オッズ

  1. アッシュゴールド 2.3
  2. ナヴィオン 2.5
  3. ケツァルテナンゴ 3.9
  4. アルマワイオリ 8.8
  5. タガノエスプレッソ 12.6
  6. グレイスフルワード 23.9

[icon image=”point1-2-gr”]前走芝1600m以上で上り最速だった馬はプラス

京都の外回りコースなので、速い上がりを使える馬は有力です。特に1600以上の距離で前走上り最速の馬がいたら人気にかかわらず注意が必要だと思います。


前走芝1600m以上で上り最速だった馬

  • アッシュゴールド
  • グレイスルワード
  • ケツァルテナンゴ

[icon image=”point1-3-gr”]前走芝1200m、ダート出走組は消し

出走頭数はあまり多くないかもしれませんが、過去5年でダート出走組は1頭も来ていません。前走1200m組も重賞の小倉2歳ステークスで馬券内に入った馬しか来ていないので、それ以外は消しでいいかもしれません。


前走芝1200m、ダート出走組

  • レザンドゥオール

[icon image=”point1-4-gr”]阪神芝1600mを勝った実績のある馬に注意

過去5年で15頭中6頭に阪神芝1600mを勝った実績がありました。坂の有無の違いますが同じ距離の外回りコースの実績はプラスになると思います。


阪神芝1600mを勝った実績のある馬

  • ケツァルテナンゴ
  • プロメラアスール

[icon image=”point1-5-gr”]注目血統

リファール系、ノーザンダンサー系、ミスタープロスペクター系、グレイソブリン系に注目。特にリファール系に注意。

リファール系の血を持つ馬

  • タガノエスプレッソ
  • テイエムダンシング

デイリー杯2歳ステークス2014 予想ポイント考察まとめ

基本的に堅いので、穴を狙って勝負するレースではないと思います。ただ人気の順番通りに決まらないので、絞ってBOXで買うのがいいかなと思っています。

注目馬[icon image=”finger1-r”]
三連単・三連複(競馬) ブログランキングへ

スポンサーリンク