スポンサーリンク

ダイヤモンドステークス2015 予想ポイント考察

2015年2月19日

ダイヤモンドステークス 2015 予想ポイント考察

ダイヤモンドステークス2015の予想ポイントをチェックしていきたいと思います。

スポンサーリンク

[icon image=”point1-1-gr”]前走6着以内

過去5年で15頭中12頭が前走6着以内の馬でした。残りの3頭のうち2頭が重賞の日経新春杯組、1頭がダート出走馬です。

前走6着以内の馬

  • アドマイヤフライト
  • カムフィー
  • シャンパーニュ
  • ステラウインド
  • タイセイドリーム
  • ニューダイナスティ
  • ネオブラックダイヤ
  • ファタモルガーナ
  • メジャープレゼンス
  • リキサンステルス

[icon image=”point1-2-gr”]4歳馬に注意

過去5年で15頭中8頭が4歳馬です。馬券にはとりあえず入れておいたほうがいいかもしれません。

4歳馬

  • シャンパーニュ

[icon image=”point1-3-gr”]前走条件戦で4着以内の馬

過去5年で15頭中7頭が前走条件戦で4着以内の馬でした。ハンデ戦なので前走条件戦を使った馬にも注意が必要だと思います。

前走条件戦で4着以内の馬

  • ステラウインド
  • ニューダイナスティ
  • カムフィー
  • タイセイドリーム
  • シャンパーニュ
  • メジャープレゼンス

[icon image=”point1-4-gr”]逃げそうな馬に注意

過去の結果を見ても逃げた馬が穴を開けることがあるので、前走2400m以上で1桁通過順位で走っていたような馬に注意したいです。

前走2400m以上で通過順位が1桁だった馬

  • ファタモルガーナ
  • ステラウインド
  • アドマイヤフライト
  • ニューダイナスティ
  • ネオブラックダイヤ
  • シャンパーニュ
  • メジャープレゼンス

[icon image=”point1-5-gr”]注目血統

ノーザンダンサー系、ロベルト系、サドラーズウェルズ系、ノーザンテースト系に注目。

特にグレイソブリンの血を持つ馬に注意!!

グレイソブリンの血を持つ馬

  • アドマイヤフライト
  • カルドプレッサ
  • シャンパーニュ
  • タニノエポレット
  • ネオブラックダイヤ
  • フェイムゲーム
  • リキサンステルス

ダイヤモンドステークス 2015 予想ポイント考察まとめ

昨年は少頭数で堅い結果でしたが、今年はフルゲートになりそうなので、配当的にも期待できそうです。長距離重賞なので血統を重視して傾向に当てはまる馬を選んでいきたいレースです。

注目馬[icon image=”finger1-r”]

三連単・三連複(競馬) ブログランキングへ

ダイヤモンドステークス2015出走馬診断はコチラ!!


★★━━━━━━━━━━━━━━━★★
    群雄割拠のダートマイル戦!
  冬のダート王の座をかけた闘い!
 第32回 フェブラリーステークス(G1)
★★━━━━━━━━━━━━━━━★★
昨年は16番人気コパノリッキーが優勝し、
ダート界に群雄割拠の時代を作りだした。
輝かしい実績馬はもはや過去。
新風吹き荒れるダート戦線で、今年も波乱が起こる!
そんな中、春のダート王の座に輝く可能性が限りなく高いのは、
実はあまり注目されていない「あの馬!」
順当にはいかない!何かが起こる今年のフェブラリーステークス!
今年、王座に輝くのは「●●●●●●●●●」!
そんなフェブラリーステークス(G1)、
ココでしか知る事の出来ないマル秘情報を期間限定無料公開中!
 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓
買い目はメールアドレスのみ(無料)で見ることができます。
※メルアド入力後、送られてくるメール内にあるURLをクリックして
登録を完了させてください。 
今回は難解レース、フェブラリーステークス(G1)の予想で使える、
絶対に抑えておきたい馬券ポイントをお教えします!
■やはり若さの勝利!?
過去10年の年齢別成績から見ていくと、優勝馬10頭はすべて4~6歳の馬で、
その中でも4歳馬と5歳馬が勝率・連対率で他を一歩リードしています。
7歳以上の馬も4頭が2着に入っており、ノーマークは禁物ですが、
やはりデータ的には若い馬が優勢であることは間違いないと言えるでしょう。
人気薄になりそうな4・5歳馬も多数いますし、要注意ですね!
■臨戦過程が「中距離」の馬に注目!
過去10年の出走馬の近3走で出走したレースの距離に注目すると、
近3走以内にダート1,800m以上のレースに2回以上出走していた馬が、
1回以下だった馬を好走率で大きく上回っています。
近走でマイル以下の距離を中心に使われてきた馬よりも、
中距離路線を中心に使われてきた馬が優勢となっています。
そんな波乱必至のフェブラリーステークス(G1)ですが、
激走する馬には全て「ある特徴」があり、その信憑性は激高!?
そんなココでしか知る事の出来ない

フェブラリーステークス(G1)「マル秘情報」を完全無料で公開中!

↓     ↓     ↓      ↓      ↓      ↓

買い目はメールアドレスのみ(無料)で見ることができます。
※メルアド入力後、送られてくるメール内にあるURLをクリックして
登録を完了させてください。 

スポンサーリンク