スポンサーリンク

ダイヤモンドステークス2016出走馬診断

2016年2月19日

ダイヤモンドステークス2016 GⅠ 芝 左 3400m(D)

ダイヤモンドステークス2016の出走馬診断をしていきたいと思います。

スポンサーリンク

フェイムゲーム

このレース2連覇中なので適性は問題なく、ハーツクライ産駒の休み明けはプラス。近2年とローテーションが違うので、人気なら多少疑ってもいいかもしれませんが、今年のメンバーでは馬券からは外しにくい。

ペルーサ

ゼンノロブロイ産駒の休み明け、相手ダウンの流れはプラスですが、距離延長はマイナスで、さすがに重賞では厳しそう。

マイネルメダリスト

ステイゴールド産駒の距離延長はプラスで2走前くらい走れれば馬券内のチャンスはあるかもしれませんが、この舞台替わりが特にプラスになる印象ではないので、少し狙いにくい。

ファタモルガーナ

昨年の2着馬で適性は問題なく前走凡走しているので、疲労も問題ないと思います。ただ鮮度自体は落ちているので、昨年以上の着順はなさそう。

ホッコーブレーヴ

能力、実績的には上位で、状態が良ければここでもチャンスはある馬だと思います。ただローテーション、血統的にも強調点はないので、あまり積極的に狙いたい印象ではないです。

ニューダイナスティ

ロベルト系の血を持っているのはプラスで、距離延長は問題ないと思います。ただ鮮度はなく重賞では期待値が低い印象なのでここでは狙いにくい。

カムフィー

ダンスインザダーク産駒の距離短縮はプラスで、昨年3着なので適性も問題ないと思います。ただ昨年は条件戦からの期待値の高いローテーションでしたが、今年はステイヤーズステークス好走後なので、人気なら少し割引きたい。

ネオブラックダイヤ

トニービンの血を持っているのはプラスですが、昨年は距離短縮で5着、今年は距離短縮で好走後の距離延長なので、積極的には狙いにくい。

続きは次のページで!!

スポンサーリンク