スポンサーリンク

アメリカジョッキークラブカップ2016出走馬診断

2016年1月22日

アメリカジョッキークラブカップ2016 GⅡ 芝 右 外  2200m(C)

アメリカジョッキークラブカップ2016の出走馬診断をしていきたいと思います。

スポンサーリンク

アップルジャック

父ロベルト系で距離延長自体も問題ないと思いますが、さすがに重賞では厳しそう。

クランモンタナ

トニービンの血を持っているのはプラスで、中山コースは問題ないと思います。ただ能力的にGⅢクラスまでで、前走間隔をあけて、少頭数、外枠、相手ダウンの流れと好走条件がそろっている中でオープンクラス3着なので、GⅡでは狙いにくい。

サトノラーゼン

初の古馬重賞で鮮度はあり、休み明け、外国人騎手に乗り替わりはプラス。京都、東京の重賞で好走して、中山のセントライト記念で負けているのは気になりますが、これまで1度も上り1位がないように瞬発力型のディープインパクト産駒ではないので、状態、枠順がよければあまり割り引かなくてもいいかも。

ショウナンバッハ

先週日曜日、同じコースの中山12Rが馬券内3頭ともステイゴールド産駒だったので、血統的に今の馬場はあっていると思います。予想オッズを見ると少し人気になりすぎている印象ですが、距離短縮実績もあり疲労面も問題なさそうなので、内枠を引ければ。

ショウナンマイティ

能力、実績的にも上位で、マンハッタンカフェ産駒なので休み明け、距離延長、相手ダウンの流れは悪くないと思います。ただここまで休養が長いとさすがに上位の印は付けにくいので、状態がよさそうで、人気がなければ少し抑えるくらい。

スーパームーン

ロベルト系、サドラーズウェルズ系の血を持っているのはプラスでディセンバーステークスからのローテーションも傾向からは悪くはないと思います。ルメール騎手に乗り替わりで今年のメンバーなら抑えておきたい1頭ですが、ブライアンズタイム産駒の距離延長と積極的に狙いたい条件ではないので、人気、枠順次第。

スズカデヴィアス

キングカメハメハ産駒なので、距離短縮、非根幹距離実績があるのはプラス。格的にGⅡでは微妙なところはありますが、積極的に前に行きたそうな馬は少ないので展開は向きそう。ただ少しパワーが足りない気がするので、馬場、枠順次第。

ステラウインド

このコース2着の実績があるので適性的には問題ないと思いますが、GⅡでは少し足りない馬で。間隔を詰めて、距離延長なので積極的には狙いにくい。

続きは次のページで!!

スポンサーリンク