スポンサーリンク

愛知杯2018最終予想、出走馬全頭の評価は? 

2018年1月14日

専属の情報検定士が提供! 必ず毎週出現する万馬券が低投資でがっつり狙える!!
現在無料で予想参考データを公開中!! ↑↑ここから登録できます!

愛知杯2018/1/13競馬予想

愛知杯2018出走馬全頭の最終評価、予想をしていきたいと思います。

スポンサーリンク

中京11R 愛知杯

◎9 キンショーユキヒメ 10着

血統的に芝替わり、距離延長はプラスになりそう。成績を重賞では期待値はあまり高くないと思いますが、ハンデ戦のこのメンバーなら。

○4 リカビトス 4着

ディープブリランテ産駒で休み明け、相手ダウンの流れはプラスになりそう。血統的にこの枠はプラスではありませんが、鮮度のある内はこの枠も問題ないと思うので。

▲3 メイズオブオナー 5着

ハーツクライ産駒で血統的には内枠はプラス。実績的には落ちますが、芝2000mは2戦2勝なので今年のメンバーなら。

△7 マキシマムドパリ 3着

昨年の愛知杯1着馬、キングカメハメハ産駒で血統、適性は問題ないと思います。地力勝負の馬場、レースになれば有力ですが、ハンデ戦で傾向的に荒れるレースなので抑えに回したい。

△12 クインズミラーグロ 16着

マンハッタンカフェ産駒で距離短縮、相手ダウンの流れはプラス。この馬にとっては内枠の方がよかったと思いますが、この人気なので少し抑えておきたい。

△15 ロッカフラベイビー 15着

キングカメハメハ産駒で休み明けはプラス。格的に重賞では足りない印象ですが、距離延長実績があり、母父ジャングルポケットと血統的に面白そうなのでこの人気なら少し。

☆8 レイホーロマンス 2着

ハービンジャー産駒でこの枠は強調できる印象ではありませんが、距離短縮実績はあるのでこの斤量なら少し抑えておきたい。

スポンサーリンク