スポンサーリンク

2014 宝塚記念 全頭予想診断 後編

2015年2月25日

2014 宝塚記念 全頭予想診断 後編

6 ジェンティルドンナ

プラス
・実績面では1番。今回の川田騎手もあっていると思います。
・前走から間隔もあいている事はプラス。

マイナス
・ジャパンカップで強い競馬をしているように、根幹距離が得意で、京都記念のように非根幹距離はマイナス。

総評
・昨年も1番人気で3着と人気を裏切っているし、根幹距離で強い競馬をしているように、今回の非根幹距離はマイナスの条件です。
今回も前走海外で勝利したことで人気になると思いますが、3強といわれている中で、思い切って消すならこの馬かなと思います。
ただ、昨年も3着に来ているし、今年も小頭数なので、馬券内にきてしますかもしれので、買うとしてもヒモまでか。

スポンサーリンク

7 ウインバリアシオン

プラス
・前走58kgを背負って、GIの天皇賞2着とオルフェーブルを相手にレベルの高い相手と戦ってきても、安定して成績を上げているので、能力的にも上だと思います。
・距離短縮、非根幹距離もプラス。

マイナス
・一度足を怪我しているので、前走天皇賞を好走していて、消耗しているかもしれない。
・一番の目標はここではなかった?

総評
・普通に考えたらこの馬から買うのが無難かなと思います。ただ前走からの消耗、2012年も悪い条件ではなかったのに負けていること、ハーツクライ産駒は1番人気だと取りこぼしが多いので、頭では買いにくいです。

8 トーセンジョーダン

プラス
・先行してしぶといので展開面で向きそう。
・斤量58kgも問題なし。
・血統的に、ノーザンテースト、トニービンが入っている。

マイナス
・年齢的に高齢馬はこのレースは結果が出ていない。

総評
・年齢的には厳しい感じはしますが、ジャングルポケット産駒は年齢とともにパワータイプになってくるので、この力のいる馬場はいいと思います。小頭数、展開面、血統的にもプラスの要素があるので、今回人気もないと思うので、穴で狙ってみても面白いかなと思っています。

9 ヴェルデグリーン

プラス
・2200mの重賞で2勝している。
・小頭数、血統もトニービンが入っている。

マイナス
・G1だと結果が出ていない。
・斤量58kgでいい成績がだせていない。

総評
・非根幹距離は得意な条件だと思いますが、GⅠでは少し能力が足りない印象です。田辺騎手がうまく乗って、どこまでこれるか。

10 メイショウマンボ

プラス
・叩き3走目、距離延長、スタミナがある馬場はプラス。
・注目血統のグラスワンダーが入っている。

マイナス
・結果を出しているのが、牝馬戦のみで、牡馬相手との力関係がどうか。
・斤量56kgが初斤量。

総評
・混合戦での力関係がどうかですが、今年のメンバーで数少ない特注血統がはいっているので、オッズしだいでは、馬券内の軸として買ってもいいかなと思っています。56kgの斤量も馬格があるほうなので問題なし。

11 ゴールドシップ

プラス
・昨年も勝っているし、得意の阪神コース。
・注目血統のステイゴールド産駒。
・斤量58kgも背負いなれている。
・前走は出遅れてスタートで終わっていたので、消耗も少ない。

マイナス
・騎手の乗り替わり、初騎乗。

総評
・走るコースと走らないコースがはっきりしている馬で、国内G1で勝てる舞台は、宝塚記念と有馬記念しかないので、陣営としても、ここは獲りにきてると思います。ステイゴールド産駒はくるときは勝ちきることが多いので、頭固定で買うとしたらこの馬にします。

12 フェイムゲーム

プラス
・スタミナがいる舞台が得意。
・トニービンが入っている。

マイナス
・AJCCでも3着なので、少し力が落ちる。
・長い距離で結果を出しているように、少し反応が鈍い。

総評
・タフな馬場に替わることはプラスだと思いますが、少し力が足りない印象です。小頭数でも大外枠はマイナス。
スタミナが問われる馬場になれば、大穴で少し。

まとめ

今年は小頭数で、注目血統を持っている馬も少ないので、点数を絞って的中させたいですね。
今のところ買いたい馬が4頭なので、土曜日の馬場を見て判断したいと思います。
注目馬⇒
人気ブログランキングへ

スポンサーリンク