スポンサーリンク

KBSファンタジーS 2014 レース予想回顧

[icon image=”check3-r”]KBSファンタジーS 2014 レース予想回顧

KBSファンタジーS2014のレース予想回顧をして、来年のための予想ポイントをまとめておきたいと思います。

にほんブログ村 トラコミュ 重賞レース予想(GIII・JpnIII編)へ
重賞レース予想(GIII・JpnIII編)
にほんブログ村 トラコミュ 今週の重賞All in One!へ
今週の重賞All in One!
にほんブログ村 トラコミュ ファンタジーS(2014)へ
ファンタジーS(2014)
にほんブログ村 トラコミュ ファンタジーステークス2014へ
ファンタジーステークス2014

スポンサーリンク


今週末!競馬は勝てるという事を証明させてください!しかも無料で!

現在なんと!「17週連続的中」継続中!

この内容は現会員様、約30万人が見ている内容なので、
ウソ偽りでない事はすぐに証明出来ます。

無料でも当る情報は存在します!

■そんな無料情報の正体はコチラから

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

※メルアド入力後、送られてくるメールのURLをクリックして登録を完
了させてください。

2014年、現時点までの無料情報のみで
1300万オーバーしている驚きの競馬情報!

競馬情報というのは往々にして、無料情報は当たらない。
無料のお試し情報が当たらないのに、高額の情報を勧めてくるのが王道。

でも・・・そんなのおかしくないですか!?

「まずは無料情報で当たらなければ意味がないっ!」

誰だってお金払う前に、どれだけの物なのか試しておきたいはずです。

スーパーだって試食コーナーありますよね?
美味しかったら勝手に買いますよね?

競馬情報だってそれと同じです。

当りもしない不味い情報に誰が馬券代払いますか?
私なら絶対に払いませんね。

でも、もし無料情報でもちゃんと
当たっている情報があるとしたらどうですか?

当然、取得しなければ損ですよね。

「でも、そんな情報ないでしょ」

って諦めてませんか?

信じられないかもしれませんが、実はあるんです!!
しかも!根拠ありの情報です。

だいたいの情報会社は買い目をメールで送ってくるところが多いですが、
そういったところって何故その買い目になったか、
その「根拠」まで伝えてはくれませんよね?

買い目の理由も解らず、送られてきた情報を買って外れる。

完全に負のスパイラルです。

情報っていうのはまず「根拠」がなければなりません!
「予想」と「根拠」はまるで違います。

どうせだったら「根拠ある情報」を使いませんか?

見るだけタダですし、不満足だったら退会すればいいだけです。

自信を持って満足出来る情報だと確信しています!
↓    ↓     ↓     ↓

※メルアド入力後、送られてくるメールのURLをクリックして登録を完了させてください。

[icon image=”check3-r”]人気馬は割引き

今年も掲示板内を見ると、14、1、3、11、13人気と2桁人気の馬も上位に来ています。
このレースも人気馬を疑って、穴馬を軸にしてもいいレースだと思います。

[icon image=”check3-r”]前走2着以内

基本的には前走2着以内の馬か、前走重賞出走馬がいいと思います。下のクラスで負けている馬は消し。

[icon image=”check3-r”]前走京都内回りで勝っている馬は割引き

同じ京都コースなので相性がいいような気がするのですが、今回の舞台は外回りに替わるので、前走京都内回り出走馬の成績があまりよくありません。

今年も対象馬が3頭いてすべて掲示板外になりました。

[icon image=”check3-r”]小柄な馬は割引き

ダート寄りの適正が求められるレースになるので、ある程度馬格のあるタイプのほうがプラスになります。当日の馬体重が430kg以下の小柄な馬は少し割引きたいです。

[icon image=”check3-r”]内枠有利

今年は掲示板内すべて1桁馬番でした。人気馬が外枠になったら割り引いてた方がいいかもしれません。穴馬を選ぶなら内目の枠から。

[icon image=”check3-r”]注目血統

ヴァイスリージェント系、父ミスタープロスペクター系、ノーザンダンサー系に注目。ダートよりの血統がプラス。父サンデーサイレンス系は割引き。特にヴァイスリージェント系が有力。

今年は馬券内2頭が父サンデーサイレンス系だったのですが、2頭とも母系にミスタープロスペクター系、ノーザンダンサー系の血が入っていました。

[icon image=”check3-r”]KBSファンタジーS 2014 レース予想回顧まとめ

今年も最低人気の馬が1着になり、かなり難しいレースになりました。とにかく毎年荒れるので人気にかからわず、気になる馬をねらっていってもいいと思います。

スポンサーリンク